【うえきの法則】バロウ・エシャロットの強さ考察、過去の映像を現実に変える能力!

八つ星天界人として登場したバロウ・エシャロット。

今回は彼についてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたいと思うよ!

なんか微妙に儚げな印象のある少年だけど、能力としては相当なポテンシャルを秘めていそうな印象も受ける!

【スポンサーリンク】

バロウ・エシャロットの強さ考察、過去の映像を現実に変える能力!

バロウ・エシャロットの外見は以下のような感じ!

彼は結構暗い過去を持っており、自分が天界人であることに絶望しているみたいだ。

鉄(くろがね)を使って母を傷つけてしまったことが、その原因として根深く突き刺さっている様子!


うえきの法則15巻より引用 バロウ・エシャロットの外見はこんな感じ!

彼に関しては「神器を消すことで人間になり母親とまた幸せに暮らしたい」という願いの元に行動しており、ある意味では“敵と断定しにくい側面”も持っているといえると思う!

また、年齢的にもまだまだ中1ってこともあって精神的成熟もこれから…って立場のキャラだから、ある程度不安定な部分を持っているのは仕方ないことだといえるだろう!

【スポンサーリンク】

過去の映像を現実に変える能力!

彼の能力は“過去の映像を現実に変える能力”であることが既に判明している。

また、神器は能力と一体化した“デジャビュする神器”という特異なもの。

過去に自分が行った攻撃を現実として実体化することで、攻撃すればするほど手数が増えていく…というチート寄りの能力だ!強い!!

ただし、過去の自分を現実化して攻撃を受けてしまうと、タイムパラドックスの影響で本体にもダメージが及んでしまうという弱点を併せ持っている!

まぁ、能力がチートだからこれくらいのデメリットは仕方ない…といったところだろうか!


うえきの法則15巻より引用 過去の映像を現実に変える能力!

バトル漫画で敵として描かれやすい“結果至上主義者”であることも彼の大きな特徴。

敗北して尚立ち上がったバンに制裁を加えたり、敗北に近い状態のボロボロ勝利をしたディエゴを賞賛したりと、彼の人物像を見ているとかなあり“厳しい性格”をしていると感じざるを得ない!

まぁ、現実社会では“思いやりをかけることが相手のタメにならないこと”も多かったりするから、判断は難しいところかもしれないね!

ちなみにレベル2に開眼した植木には百鬼夜行以外を全て無に還されてしまい、敗北することになってしまった。

この時の敗北はどうだろうね、バロウとしては急に相手が強くなるとは思わなかっただろうし…ある意味想定外の敗北だったといえるのかも知れない!

【スポンサーリンク】