【うえきの法則】マシューの強さ考察、腕を六本腕に変える能力!

マリリンチームの一角を担う男、マシュー。

今回は彼についてバトワンなりに考察し、理解を深めていけたらと思う!

戦闘面においてもなかなかの強さだよね、中堅どころくらいの実力くらいは軽くあると思う!

【スポンサーリンク】

マシューの強さ考察、腕を六本腕に変える能力!

マシューの外見は以下のような感じ。

中学二年生にして銃器の扱いを得意とする、なんともいえないタイプのキャラだ!

片目には眼帯を付けているし、比較的謎に包まれた部分を持つ人物のひとりなんじゃないかな!


うえきの法則13巻より引用 マシューの外見はこんな感じ!

片目の眼帯を調べてみると、どうやら“狙撃時のゴーグルもしくはレーダーの役割を果たしている”とのこと!

単なる趣味でつけているのかな?と思ってたんだけど、ちゃんとした理由があったんだね

「中二病かな?」なんて疑ってごめんねマシュー!

ちなみに彼は趣味はナンパで、めっちゃ女好きな性格をしていることでも有名。

大人数の女性と一緒にハーレムチック温泉に入ることを夢見るような、まぁ男らしいっちゃ男らしいタイプの夢を抱いているタイプのキャラだと思う!

【スポンサーリンク】

腕を六本腕に変える能力!

さて、後半では腕を六本腕に変える能力について触れていこう!

彼に関しては、腕を増やして戦う事が出来る能力を持っている!

この能力自体は他の能力者のものと比べるとスケールが小さい気がするけど、使い方次第ではかなり便利だと思う!


うえきの法則13巻より引用 腕を六本腕に変える能力!

人間にとって“腕”“手”というのは、最も発達した部位のひとつ。

ピストル、バズーカ、特殊警棒などと能力を組み合わせて戦うことも出来るため、複数の武器の同時使用が可能なのは大きなアドバンテージだよね!

作中では肉弾戦における近接戦闘で活用されるのが主体になった印象を受けるけど、それならフルマックスで武器を活用したいところだ!

逆にバトワンに言わせるなら、この能力ならstrong>“武器の使い方”を間違えてしまうのは特にもったいない。

せっかくの「手」という“器用な部位を増やせる能力”があるのなら、その“器用さ”こそをフル活用し、戦闘に活かしていきたいかもしれないね!

一説には、人間がここまで文明を発達させることが出来たのは手があったおかげ…なんて意見もあるくらいだしね!

マリリンやカルパッチョ、ロベルトのような最上位の能力者群と比べると微妙だけど、うまく腕を活用すれば、やれることは想像以上に多いような気がするかも!

【スポンサーリンク】