【ものの歩】第6話“かやね荘”確定ネタバレ感想!竜胆、かやね荘へ。

今回のものの歩では、なんと竜胆が信歩の下宿先である、かやね荘に遊びに来ます。

かやね荘には奨励会員がみんなでルームシェアしているわけで、かなりの強豪揃い。

竜胆はどう立ちまわるのでしょうか。

【スポンサーリンク】

竜胆強し!

かやね荘にて顔を合わせた際、彼らが顔見知りであることが判明します。

ものの歩6
ものの歩第六話より引用 竜胆とみなとは知り合いであることが判明

奨励会員とはいえ、これまで色々な大会に出てきたのでしょう。

竜胆とは大会で顔を合わせていたようです。

今回のエピソードでは竜胆がかやね荘にて奨励会員相手に将棋を指し、勝利しました。

しかし、それより何よりその環境に目を向けます。

竜胆は”かやね荘”で暮らす信歩の環境を贅沢な環境であると評しました。

確かに多くの奨励会員に囲まれて、研究するのも指すのも自由、いつでも将棋に取り組めるのは、将棋を指していくにあたって非常に大きなアドバンテージになるでしょうね。

将棋ファンであれば、この環境は羨ましくて仕方ないと思います。

喉から手が出るほど欲しい環境であるともいえるでしょう。

【スポンサーリンク】

今回は主だった対局はなし!

今回は主だった対局はありませんでしたが、将棋にまつわる個々人のエピソードを聞くことが出来ました。

竜胆曰く、“プロ目指す奴なんて全員天才で努力家だ”ということです。

これは将棋に関わらず、どの業界でもそうなのかもしれませんね。

そして、主人公の信歩はデビュー戦…すなわち大会に出る流れになっているようです。

S__6578179
ものの歩第六話より引用 大会まで12時間

信歩は将棋について熱中するあまり、まさに”異常”と思われる量の研究と勉強をしていました。

彼はトンネルマインダーという“一点集中型の思考力”を持っているとされ、まさに終盤の鬼の素質を持っています。

キャラクター的な雰囲気としてはフンワリとした可愛いキャラですが、終盤に関してはまさに鬼気迫る側面を何度も見せてきました。

前話などでもそのあたりはよく描写されています。

そして、あと12時間後には大会!

最初の対局は勝利で飾ってほしいものですがどうなるでしょうか。

将棋は本来は、“少しづつしか強くならない”といった面があります。

そんな側面のあるゲームを、どのくらいのスピードで攻略し、階段を駆け上がっていくのか。

そのあたりが今後の見どころとなってくるでしょう。

ちなみに将棋初段に簡単になるには、プロの棋譜を並べまくると良いようです。

もしお時間がある方は、将棋盤と駒を購入し、トライしてみるのもいいかもしれません。

【スポンサーリンク】