【ものの歩】第12話”割れた飛車”確定ネタバレ感想!十歩いいやつ!

前回のエピソードまでは十歩との対局が続いていましたが、今回は大会編も一段落。

かやね荘に戻って日常生活が始まります。

十歩と信歩でネット対局による練習をしているみたいで、これから互いに切磋琢磨して成長していきそうですね。

12十歩
ものの歩12話より引用 十歩は信歩と練習対局してた

対局時のなんだか寂しい感じもなくなって、活き活きしていますね。

【スポンサーリンク】

割れた飛車

今回のエピソードでは、かやね荘にて信歩が飛車を割ってしまします。

飛車、という文字を駒に掘ると、中央部分が弱くなって割れてしまいやすくなるんだそうです。

なので、駒を使い込んで割れるのであれば、飛車から割れると言われているんだそう。

これは知らなかったですね。

で、今回のエピソードでは、竜胆のかつてのライバルである蒼馬も登場します。

12蒼馬
ものの歩12話より引用 12話ラストのシーン。蒼馬登場。

このカットは12話ラストのカットなんですけど、説明の便宜上先に添付しますね。

で、ふと思ったんですけど、竜胆は竜、蒼馬は馬の文字が入っているんですよね。

飛車が敵陣に侵入してパワーアップした時は竜王、角が敵陣に入ってパワーアップした時は龍馬といいますから、そのあたりになぞらえているんでしょうね。

少し脱線しましたが、今回のストーリーでは、割れた飛車を修理しにミナトと信歩で渋谷に向かいます。

その将棋店にて信歩は蒼馬と遭遇。

相手が蒼馬だと知らないまま対局することになります。

【スポンサーリンク】

ここでもなかなかの描写が

信歩が偶然対局した蒼馬は竜胆のライバルであり、追い求めている人物。

それだけあって、よほどの実力を秘めているようです。

みなとにも信歩と蒼馬の対局をみて「指導対局のようだけど、観察しているような感じ」といった発言をしています。

12急所
ものの歩12話より引用 4四角は3七銀矢倉定跡の急所

で、この角打ちが強烈で、後手よしになってしまうわけです。

詳しい方なら、「あぁ、この手ね」とわかるような、有名な角打ちなんですけど、描写と考え合わせるとなかなかすごいんですよ。

と、いうのも、信歩は定跡を勉強していたにせよ、この時点ではまだまだ初心者。

この将棋に関しても「なんか変だ…」といった感想を残していることから、今指している流れはほぼ初見であることがわかります。

つまり、所見でこの流れにたどり着いた。

この角打ちや、この変化は知らなかったけど、ここまではある程度自然な駒運びが出来ていた、ということになります。

信歩が成長していることがよくわかりますね。