【ものの歩】第17話”拳”確定ネタバレ感想!矢倉の鬼!

どんどん面白くなってきますね、ものの歩。

当初は「ヒカルの碁には及ばない」という評判もあったものの、今となってはどんどん人気が出てきているように思います。

今回は前回に引き続き大会編です。

ものの歩17拳
ものの歩17巻より引用 信歩はグーしか出せない!

この描写が非常に面白いんですよね。

将棋の戦法同士の相性をよく表していると思います。

【スポンサーリンク】

将棋はジャンケンみたいな部分がある

今回のものの歩に関しては「将棋はジャンケンみたいな部分がある」といった説明がみなとの口から飛び出しました。

これはかなり的を射ている発言だと思うんですよね。

将棋は1手1手進めるに連れて、相手の出方を伺いながら駒組みをしていくもの。

相手がチョキの戦法で来たら、こちらはグーに移れるように動く。

そうすれば相手はチョキの戦法からパーの戦法に移行する。

これが非常に具体的な描写で感心しました。流石ハッシーの監修ですね。

補足しておきますが、ハッシーとはプロ棋士の橋本崇載さんで、かなりの実力者です。

池袋で将棋BARなども開いていたり、奇抜なファッションで話題の人物だったりします。

ものの歩の話題からは逸れるので一旦バトワンでは置いておきますけど、このあたり興味のある方は調べてみると良いかもしれませんね。

【スポンサーリンク】

矢倉には振り飛車

矢倉には振り飛車、これは将棋を知っている方であればある程度知っていることだったりします。

矢倉には振り飛車、振り飛車を見せられれば、もし居飛車側なら「振り飛車キラー」である穴熊戦法あたりに作戦を変更したいところ。

しかし、信歩は矢倉に絞って研究してきたため、そのような選択肢はありません。

とはいえ、実はこれも全て信歩にとって研究済みの場面だったのです。

徹底的に研究済

確かに振り飛車相手に矢倉は不利…とはいえど、プロ同士の対局ではありません。

お互いにミスをすることもあるし、お互いに知らない場面に突入してしまえば、信歩の読みの力が活きてくる展開になります。

そして、矢倉vs振り飛車は振り飛車側にとって「知らない場面」が多い、未知な戦型だったりするんですよね。

それも竜胆&信歩チームの狙いのひとつでした。

相手の狙いを完全に外した信歩は、その豪腕であっという間に相手を寄せ切り、勝利を手にします。

「研究が的中して勝つってこんなに気持ちいいんですね!」といった感じで、喜びをあらわにします。

対局中の信歩の気迫とはまたうってかわって、素直ないい子っぽい雰囲気です。

信歩にとって、戦える場所があるというのはとても嬉しいことなんでしょうね。

次回は十歩の対局が控えている‥といった形で今回のエピソードは終了しました。

これからのものの歩も非常に楽しみですね!

【スポンサーリンク】