【ものの歩】第23話“岬の将棋”確定ネタバレ感想&考察!

前回の第22話では、圧倒的な有利を築かなかった岬に対して、信歩が食らいつくところで幕を降ろしました。

今回の23話では、ついに岬がフッ切れる展開になります。

【スポンサーリンク】

第23話“岬の将棋”確定ネタバレ感想&考察!

信歩が「矢倉しか指せない」と知っていながら、あえて信歩のフィールドで戦う道を選んだ岬でしたが、終盤における信歩の豪腕で、かなり形勢が厳しくなってきます。

23ものの歩
ものの歩23話より引用 その名を轟かす信歩

初心者、初心者と侮られていたのもつかの間、ついに岬の脳を揺さぶる将棋に持ち込んだ信歩。

状況としてはかなり岬の分が悪いようです。

岬は「美しい棋譜」を残すために、早めに投了(降参)するので有名でした。

ここでも岬の頭の中に「投了」の二文字が浮かんでいたに違いありません。

岬の回想シーン

物語の中盤は岬の回想シーンへと。

後輩と共に過ごしてきた3年間、そして将棋部での思い出がフラッシュバックします。

最初は将棋に対する「美学」からスタートした棋譜マニア、岬。

しかし、将棋部が大きくなるに連れ、仲間や後輩が出来るにつれ、心境の変化があったようです。

もちろん将棋に対しての美学が彼を突き動かしていたのは間違いありません。

しかし、いつしか将棋が岬に与えた“将棋部”や“仲間たち”は、彼にとって「もっと捨てがたいモノ」になっていたようです。

【スポンサーリンク】

岬、美学を捨てた勝負師の顔になる!

美学、美学とずっと口にしてきた岬でしたが、部員たちのことを思うと「ここで投了するわけにはいかない」という判断に至ったようです。

鬼気迫る表情で勝負師の顔に変わる岬。

23ものの歩岬
ものの歩23話より引用 岬の顔が勝負師の顔になってる感じがする

後続の部員たちに見せつけるように、自分の美学や信念を自らへし折ります。

信念をへし折るのもまた信念。

大切なもののために、大切にしてきたものをへし折った岬の判断はかなり凄絶なものがありますね。

描写内でも迫力のシーンで描かれていました。

「棋譜は残すな どうかその目で 覚えていてくれ」

「最も醜い 僕の将棋を!!」

この時の岬の表情は強烈ですね。

23ものの歩1
ものの歩23話より引用 獣のような表情に変わる岬

目に滲んだ涙が、これまでの美学をいかに大切にしてきたかと、それを捨てることの苦悶をよく表しているような気がしますね。

で、今回のエピソードはこのあたりで終わりとなります。

次回はついに、決着の終盤戦に差し掛かりそうです。

今回の1話で扱われた内容は基本的に「岬の葛藤」といった部分。

そして指した手数は「たったの1手」だけ。

しかしながら、このたったの1手に込められた様々な思いがよく描かれているような気がしました。

ここまで何もかもを捨てたのであれば岬に「勝って欲しい」と思うんですけど、やっぱり信歩が勝ってしまうんですかね。

次回のものの歩も楽しみです。

【スポンサーリンク】