【アンパンマン】カツドンマンの強さ&眉毛考察、どんぶりマントリオの一角の恐るべき性能!

「黒豚お肉をパン粉で包み、カラッと揚げたて豚カツよ」の歌でおなじみのカツドンマン。

どんぶりまんトリオの中でも微妙な立ち位置で、かまめしどんほどのインパクトが無いためキャラクターとしては埋もれがちかもしれません。

そこで今回はバトワンなりにカツドンマンについて考察を深めていこうと思います。

【スポンサーリンク】

カツドンマンの強さ&眉毛考察、どんぶりマントリオの一角の恐るべき性能!

カツドンまんに関してはどんぶりまんトリオの中で最も情報が少ないのが特徴。

「カツドンは和洋折衷の料理だから」といった理由で、口調はルー大柴のような雰囲気で、一人称は「ミー」を使います。

たまごどんまんの兄であることでも有名ですが、実際に兄弟なのかどうかは現時点では不明な部分も多いです。

また、フライ返しやオタマジャクシを使用した戦闘に長けているのも特徴。

実際にてんどんまんなどと比較すると戦闘シーンは少ないようですが、カツドンマンも戦えないわけではなさそうです。

【スポンサーリンク】

カツドンマンにインスパイアされた疑いのある人々

それより何より、特徴的なのはカツドンマンのこの眉毛。

誰かを思い出さずにはいられません。

きっと彼等(彼女ら)はカツドンマンに無意識のうちにインスパイアされたであろうに違いありません。(真偽不明)

ケンシロウ、両津勘吉、そしてイモトアヤコ。

まさにそうそうたる面々ですね。

彼等の男らしい眉毛を見ていると、カツドンマンを思い出さずに入られません。

一人称が「ミー」なのにも関わらず、意外にも男らしい眉毛を持つテンドンマン。

これからの彼の活躍にも期待が高まります。

【スポンサーリンク】

【アンパンマン】キャラクターの一覧表!人気があったら更新します。