【アンパンマン】ニセパンマンっていうキャラ知ってる?ガギグゲゴー!

アンパンマン考察は軽いものから真剣なものまである程度織り交ぜていこうかな、と思っています。

突然ですが、あなたはニセパンマンっていうキャラクターを知っていますか?

バイキンマンがパン工場から盗んできた小麦粉で作って焼いたらニセパンマンになったんだそうです。

【スポンサーリンク】

ニセパンマンっていうキャラ知ってる?ガギグゲゴー!

ニセパンマンについて知ったのは以下のツイッターより。

ボコボコの顔が迫力満点ですね!子供なら泣いてしまうかも…?

ニセパンマンTwitter
アンパンマン及びTwitterより引用 ニセパンマンはこんな感じ

この説明を見る限り、パン工場から盗んできた小麦粉に“かびるんるんのカビ”と“強力ばいきんイースト”を混ぜて焼くことで出来上がったんだそうです。

ちなみに「がぎぐげごー!」などと話すそうで、どちらかというとバイキンマンよりですね。

「が行」だからちょっと怖い。

このあたりの事情から、アンパンマンの秘密はあの身体の部分ではなく、頭のパンの部分、そしてその原料である小麦粉の部分にある…ということになるんじゃないかと思うんです。

アンパンマンの魂(心)はどっちに宿ってる?

このニセパンマンのストーリーを聞いて、アンパンマンの心が、体に宿っているのか頭に宿っているのかわからなくなりました。

パン工場の小麦粉にカビるんるん等を混ぜることで出来るのであれば、心の一部は小麦粉(パンの部分)に宿るのは明白。

こっちを仮に、心=小麦粉理論と名づけましょう。

で、その対になる理論が、心=胴体理論。

ほら、アンパンマンのピンチって、バタコさんが頭を投げて助けるじゃないですか。

一瞬頭が丸々入れ変わっているわけです。

で、入れ変わる前も、入れ変わった後も、記憶は継続している。

と、いうことは入れ変わっていない胴体部分に記憶が宿ってないとおかしいんじゃないか?とも思うんですよね。

【スポンサーリンク】

アンパンマンとバイキンマンが相容れない存在であるという裏付けにも。

アンパンマンと、ニセパンマン、バイキンマンを踏まえて考えると、色々な公式が生まれて面白いんですよね。

  • アンパンマン=胴体+頭(あんぱん)
  • ニセパンマン=胴体+頭(あんぱん+かびるんるん&強力ばいきんイースト)「ガギグゲゴー」
  • バイキンマン=「ハヒフヘホー」

この式を連立させて解いたらどうなるんですかね。

ばいきんまんの「ハヒフヘホー」と、ニセパンマンの「ガギグゲゴー」が似ているあたり、もしかしたらニセパンマンはバイキンマンの要素も持ち合わせているのかも。

と、なってくるとバイキンマンとアンパンマンを合体させたのがニセパンマン…ということなのかもしれませんね。

外見はアンパンマンに似ていますけど、悪の心が勝っているようですね。

心は悪に染まりやすい、という暗示だったりするのでしょうか。

外見にかんしても凸凹とした感じが少しキメラっぽくて怖い印象を受けますね。

コミカルで可愛い漫画だから良いものの、リアルタッチではあまり見たくないキャラクターかもしれません。

【スポンサーリンク】

【アンパンマン】キャラクターの一覧表!人気があったら更新します。