【キングダムハーツ】ハイネについて考察、または仮想空間と心の関係について!

今なお人気衰える様子を見せない名作ゲーム、キングダムハーツ。

今回はそんなキングダムハーツの「2」から、ハイネをピックアップしてみようと思う。

トワイライトタウンに住む3人組の中ではリーダー的なポジションで、とても活発な少年だ!

【スポンサーリンク】

ハイネについて考察、トワイライトタウンに住むロクサスの友人!

街の住民からは「トンガリ少年」と呼ばれており、比較的目立つ存在であるハイネ。

毎年のストラグルバトルにも参加しており、運動神経も抜群!って感じだよね!

ハイネ
キングダムハーツ2アルティマニアより引用 ハイネの外見はこんな感じ!

ロクサスとも仲の良い友達であり、ピンツ、オレットと共によく4人でシーソルトアイスを食べていた。

この辺りの表現はとても綺麗で、まさに“子供の頃の淡い思い出”って感じの印象を受けるよね。

シーソルトアイスは色々な場所で愛されているわけだけど、彼らが食べているところを見ると、バトワンはいつも“ガリガリ君ソーダ”を食べたくなってしまうぞ!

トワイライトタウン自体が“仮想空間”であることは後に明かされて驚いたけど、後から振り返るとまさにトワイライト(黄昏)みたいな印象を受けてしまう、寂しい場所っちゃ寂しい場所なのかもしれない。

【スポンサーリンク】

不確かな存在として

トワイライトタウン自体が“仮想空間”だったってことも驚きだったんだけど、そこに住んでいたハイネやピンツ、オレット達の存在がどのようなものだったのか?という点については、バトワンの中ではまだ結論が出ていない。

ハートレスとかノーバディと比較して、特に難しい存在だと思うんだよね、架空空間の中の存在って。

架空空間の中で過ごしていたハイネ・ピンツ・オレットはディズのコンピューターを見つけ出して最終的にソラ達を見送ったわけだけど、どのような気持ちで見送ったんだろう?

この辺りは疑問符が浮かんでしまうところだよね。

仮想空間の中の存在に、心はあるんだろうか?

寂しさとか嬉しさとか、そういった感情はあるんだろうか?

また、彼らはそもそも“自分が仮想空間の中の存在”ってことに気付いていなかったわけで、この事実に気づいてしまった時、何を思えば良いんだろう。

このあたりの想いがどのような方向に働いているのか、または想いなど存在しないのかについては、未だに判断が難しいところだ。

もしディズのコンピューターで“心”が再現出来ているとすれば、仮想空間の存在であったとしてもハートレスになりうるのか?というのも疑問として残っているよね。

心を失ったノーバディと対比して、心だけの存在っていうのがハイネ・ピンツ・オレット達なのかもしれない。

そしてその解釈は、未だあやふやなままだ。

【スポンサーリンク】