【クロノクロス】ヤマネコの強さと人物像考察、フェイトの介在する亜人の魂!

猫の顔をした謎の亜人、山猫。

パラレルワールド(ANOTHER WORLD)に迷い込んだ際に、セルジュの前に何度も立ちはだかった。

今回はそんな謎の人物、ヤマネコについて触れていこうと思う。

【スポンサーリンク】

ヤマネコの強さと人物像考察、大鎌を振るう猫の亜人!

彼の存在は多くの謎に包まれていたわけだけど、クロノポリスにおいてその謎が明らかになる。

ヤマネコの中に宿る精神は“滅びの未来”に存在したた人類の守護者“フェイト”だった。

セルジュの命に関しても大きく関与していた。

ヤマネコ
クロノクロスアルティマニアより引用 ヤマネコの外見はこんな感じ!

14年前の嵐の夜、激しい磁気嵐の影響でフェイトの機能が一時停止。

その際に“神の庭”に迷い込んだワヅキとその息子セルジュ。

ヒョウ鬼に襲われ重症を追ったセルジュを“凍てついた炎”に触れさせることによってセルジュは一命を取り留めるんだけど、その際にフェイトにバグが発生してしまった。

セルジュを“炎に選ばれし者(調停者)”として認識してしまい、セルジュ以外のデータを受け付けなくなってしまったんだよね。

これによって、フェイトの中に眠る機械暴走防止のセーフティ・プログラム“プロメテウス”が起動、フェイトの暴走が止まってしまう。

その際にフェイトが人の肉体を欲し、父ワヅキの体を乗っ取ってしまった。

父の恐怖や憎しみがヤマネコの形となり、彼を形成している。

【スポンサーリンク】

彼を形作るもの

つまり、ヤマネコを片付けるものは、要するに“フェイトの精神”“乗っ取られたセルジュの父の肉体”ってことになるね。

要するに、とても不安定で不確かな存在である…ってことは間違いないはずだ。

また、セルジュはヤマネコ(フェイト)にとって、再び自分を取り戻すためのキーパーソンということになる。

こういったバックグラウンドがあったからこそ、ヤマネコはセルジュとの“肉体の交換”を狙っていたわけだね。

ゼロエターナルとキャッツレイド

ヤマネコの出生の秘密に関する背景設定は、かなり複雑に入り組んでおり、これを考えた人は本当に悩みぬいたんだろうなって思う。

だからこそ物語に強力な深みが出ていることは間違い無さそうだ!

最後にヤマネコの必殺技に触れておくけど、プレーヤーとして彼を操作しているときはとても心強い!

セルジュと同等の攻撃性能・魔法性能を持っておりながら、スキルのキャッツレイドとゼロエターナルの破壊力はかなりのもの!

魔法属性でありながら全体攻撃なので、かなりの使い勝手を誇ることは間違いない。

同作品は名作でありながら、当時のプレイヤーのリテラシーだとイマイチ理解が追いつかなかった部分も多いと思われる作品。

しかし、今はシュタインズゲートのようなパラレルワールド世界を描いた作品も多く、プレーヤーの異次元や時空に関する理解度もアップしてきている。

クロノクロスはプレイヤーたちが成長した現代にこそ、ぜひ復刻してほしい作品なんじゃないかな!

【スポンサーリンク】