【クロノトリガー】キャラクターの一覧とバトワン的考察、古き良き名作を思い返せ!

バトワンの好きなゲームのひとつ、クロノトリガー。

今回はこれまで考察してきたクロノトリガーの内容を元に、キャラクターの一覧を作成しつつ考察していこうと思う!

ちなみにバトワンの一番大好きなキャラはアイツだ!

【スポンサーリンク】

キャラクターの一覧とバトワン的考察、古き良き名作を思い返せ!

バトワンの一番好きなキャラは、何を隠そう“カエル”だ!

その艶めかしいフォルム、そしてカエルなのに剣士という特異性。

こんなキャラデザインが出来る人はなかなかいないだろう!

カエル
クロノトリガーパーフェクトバイブルより引用 カエルの外見はこんな感じ!

バトワンはそもそも動物の中でカエルが結構好きなほうにカウントされるから、より一層感激だ!

それでは、バトワンの好きなキャラも発表できたことだし、以下に考察一覧をまとめていく!

こうやって見てみると、クロノトリガーはやはりクロノクロスと比較して仲間キャラが少ない。

ちなみにプレイしたことがある人は知ってると思うけど、ラヴォスは仲間キャラじゃないから、主人公を含めると“合計7人”って感じだろうか!

それぞれの時代で活躍するそれぞれのキャラクター達が、時間を超えて集結する…。

そんな世界観にはロマンを感じずにはいられない!

【スポンサーリンク】

クロノトリガーの魅力!

クロノトリガーの魅力といえば、やはりその練りこまれた世界観だろう!

ゲームの世界でタイムトラベルとかを表現するのはなかなか難しいはずなのに、それをしっかりとやってのけている!

しかも続編のクロノクロスでは、エヴァレットの多世界解釈っぽい感じでパラレルワールドも描かれているしね!

物理学とか量子力学とかそういうの好きな人や、SF系が好きな人にとっては、これ以上ない名作になったはずだ!

改めて感じる鳥山明の世界!

ドラゴンボールでお馴染みの鳥山明先制がキャラクターデザインをしたことでも有名な本作。

絵柄としては完全にドラゴンボールであることは事実だ。

しかし、それでもやっぱり全然違う世界観に元づいて描かれている感じだよね。

ドラゴンボールのようでドラゴンボールではない、描き分けできてないようで描き分け出来ている。

鳥山明先生の“画風を大切にしながら違う世界観を描く技術”というのは、なかなか他の漫画家さんには無いものかもしれないよね!

このあたりを踏まえると、漫画とかを研究している人はそういった意味でも鳥山明先生がデザインを手がけた本作を、プレイしてみる価値があるかもしれない!

【スポンサーリンク】