【サイコパス】雛河翔(ひなかわ しょう)の人物像考察、元ホロデザイナー及びリサイクル・ドラッガー!

刑事課一係所属の執行官、雛河翔(ひなかわ しょう)。

今回は彼について考察し、バトワンなりに理解を深めていきたいと思う!

彼は元・ホロデザイナーとして活躍していた人物のようだ!

【スポンサーリンク】

雛河翔(ひなかわ しょう)の人物像考察、元ホロデザイナー及びリサイクル・ドラッガー!

雛河将の外見は以下のような感じ。

くるくるパーマ&元ホロデザイナーだけあってオシャレな印象を受ける人物だ!

常々オドオド・ボソボソとした喋り方をしている、とても気弱な人物としても有名。

朱に対し「お姉ちゃん」と呼んでいるようで、まさに“可愛い弟キャラ”って感じかもしれない!


サイコパスより引用 雛河翔(ひなかわ しょう)の外見はこんな感じ!

彼に関しては、これまでの経歴・経験をうまく応用し、犯罪などに使われるホロ技術を解析するという能力を持っている!

この時代の“ホロ”という概念はファッション&オシャレの要素もあるとは思うけど、それとは別に“プログラミング”みたいな要素も兼ね備えている印象。

そういった意味では、彼のポジションを言い換えるなら“服飾系プログラマー”とでもいったところだろうか!

性格的にはとても執行官に向いているとは思えないけど、逆にそんな彼が執行官に任命されたのは、そのオドオドした性格を補って余りある“技術の高さ”がシビュラに高い評価を受けたからなのかもしれないね!

【スポンサーリンク】

外見以上に黙々と頑張る努力家!

雛河に関しては、その気弱そうな様子から“根性なさそう”といった印象を受けてしまいがち。

しかし、実は“ここぞという時には死ぬ気でやり遂げる根性”を持っていることも判明している。

例えば、彼の活躍した事件といえば以下の2つとかだ!

  • 国境警備隊が使うレベルの難解な保護プログラムを解析、事件を収束へ導く
  • 185人分の成長復元ホロを一人で作成し、照会に活用する

プログラミングというのは、やり方がわかっていてもどうしても時間がかかってしまうもの。

シビュラ時代のソレがどの程度の水準かはわからないけど、基本は“人の手”によって組み立てられているはずだ。

未来のシステムだから今よりもややこしくなっているかもしれないし、反面、操作が簡単になっているかもしれない。

しかしどちらにせよ、これだけ膨大な作業量をたった一人で制限時間内にクリアしてしまうのは、かなりの才覚がないと不可能だと考えられる!

特に後者の“185人ぶんもの成長復元ホロの作成”とかは、人間業とは思えないレベルの離れ業だといえるかもしれない!

彼がいなかったら対鹿矛囲との決戦はうまくいかなかっただろうし、一係に絶対的に必要不可欠な仲間の一人であることは間違いなさそうだ!

【スポンサーリンク】