【シュタインズゲート】漆原るかの人物像考察、だが男だ!

椎名まゆりと同級生であり、岡部とは師弟関係にある彼女、漆原るか。

彼女は「だが、男だ!」という有名なセリフからもわかる通り、これだけの美少女でありながら実は男だったりする!

周囲からは完全に“女の子”として扱われているわけだけど、本人としては色々と複雑な想いがあるに違いない!

【スポンサーリンク】

漆原るかの人物像考察、だが男だ!

漆原るかの外見は以下のような感じ。

どこからどう見ても、作中屈指の美少女でありながら男である。

るか子自身の心の中もしっかり“女の子”であることがストーリーに影響を及ぼすことも。

漆原
シュタインズゲート及びyoutubeより引用 漆原るかの外見はこんな感じ!

漆原るかは、自分が性別的には男であることにコンプレックスを抱いているようだ。

過去へ送れるメール“Dメール”を使用した際には、そのコンプレックスを打開するべく両親へとメールを送った感じだった。

これにより過去が改変され、彼女は身も心も“女の子”としての日々を過ごすことが出来るようになる。

いや、あくまで過去が改変されることで世界線が移動しただけだから、元の世界線には“男のままのるか子”も存在しているわけだよね。

リーディングシュタイナーの能力を持っている岡部だからこそ、それを感知できたわけだね。

【スポンサーリンク】

女の子のような容姿が嫌い、だからこそ。

るか子がこのような恰好をしているのには歴とした理由があるみたいだ。

彼女は自分の“女の子のような容姿”を嫌っており、だからこそ「いっそのこと女の子になりたい」と考えるようになったみたいだ。

元々もっと男の子らしい外見をしていれば、今のような精神状態にはなっていなかったのかもしれないね!

しかし、この想いが加熱することによって、徐々に“性同一障害”っぽい感じになってきているフシもあると思う。

岡部に対して想いを寄せている?と感じさせるような描写もあったし、自分の中でも色々と葛藤があるのかも。

まゆりとは結構仲が良い様子!

ちなみに、本作のヒロインの一人、椎名まゆりとは結構仲が良い様子。

男の娘として本格的な女装デビューを求められるほど女装が似合うし、まゆしぃもフェイリスもコスプレが好きだったりするところがあるから、そういった意味でも好感を持たれているのかもね!

特にまゆしぃは心も広い印象も受けるし、るか子にとっては良い心の支えになってくれてたりする側面もあるのかも。

女の子のような容姿に生まれてしまったるか子が5年後、10年後にどうなっているのかもちょっと気になってしまうところだ!

【スポンサーリンク】