【ジョジョ】ナランチャ・ギルガの強さとスタンド“エアロスミス”考察!

ギャング“パッショーネ”の一員の一員、ナランチャ・ギルガ。

今回は彼について考察を深めていきたい!

彼に関しては今でも結構ファンの多いキャラクターなんじゃないかな?

【スポンサーリンク】

ナランチャ・ギルガの強さとスタンド“エアロスミス”考察!

ナランチャはギャングに所属していながらも、その年齢は15才。

この年齢でギャングに所属しているのは結構驚きかもしれないね!

彼は幼年期にかなり不遇で両親に愛されなかった経験を持っているため、親よりも真剣に叱ってくれたプチャラティの恩に報いるためにギャングになったのだという。

ナランチャ
ジョジョの奇妙な名言Part4〜8より引用 ナランチャの外見はこんな感じ!

やっぱ15才ってこともあって、外見的には若干幼い印象も受けるかな?

ちなみに彼は教育を受けていないため勉強が苦手であり掛け算が出来なかったりする。

反面、ダンスや音楽を好む傾向もあり、子供らしく陽気な一面も持っているみたいだ!

後述するけど彼のスタンドであるエアロスミスもなかなかに強力で、しっかりラッシュも用意されている。

ラッシュ時の掛け声は「ボラボラボラ……ボラーレ・ヴィーア(飛んでいきな)」だ!

【スポンサーリンク】

スタンド“エアロスミス”について!

ナランチャのスタンド“エアロスミス”は、プロペラ戦闘機と、片目に追従するレーダーの2パーツで構成されているスタンド。

レーダー部分では二酸化炭素を検知することができるのが優れた点。

ナランチャが目視できない場所でも二酸化炭素レーダーを通して敵が呼吸している場所を割り出し、機銃や爆弾で攻撃することが出来る。

また、プロペラ戦闘機の羽で敵を切り刻む事もできるようだ。

しかし、レーダーの弱点として“大小の点や丸でしか表示されない”といった点が挙げられる。

このせいで、大量の二酸化炭素があるところだと目標の特定が難しく、逆に混乱してしまう場合もあるようだ。

また、レーダーは探知の精度を任意に切り替えられるといった機能も備えており、制度としてもかなり高い印象を受けるよね。

ジョジョの奇妙な冒険では“索敵”はかなり重要なファクターとなっている印象もあるから、エアロスミスによる探索能力はかなり雄弁な影響力を持っていたといえるだろう!

その“精度アップ”も尋常ではなく、カエルや野ネズミレベルにまで二酸化炭素の探知精度を上げることも出来ることが判明している。

実際の小動物に反応してしまうこともあるだろうから限定条件下の索敵になってしまうとは思うけど、一定範囲内の生物を探知できるのは緊迫した状況ではかなり大きな効果を持っていたと断言して良いんじゃないかな!

【スポンサーリンク】