【ジョジョ】ナルシソ・アナスイの強さとスタンド“ダイバー・ダウン”考察!

今回はナルシソ・アナスイについて考察していきたい。

ストーンオーシャンに登場したスタンド使いのひとりであり、グリーン・ドルフィン・ストリート刑務所の囚人だ!

第六部に関してはあまり詳しくないんだけど、考察しつつ理解を深めていけたらいいなと思っている!

【スポンサーリンク】

ナルシソ・アナスイの強さとスタンド“ダイバー・ダウン”考察!

ナルシソ・アナスイの外見は以下の様な感じ。

元々は女性であるかのように描かれていたんだけど、物語が進むに連れ彼が“男性”であることが明かされ話題となった。

かつて付き合っていた彼女の浮気現場を発見した際に彼女とその浮気相手を“分解”してしまうことで殺人罪に問われ、収監させられていたようだ。

アナスイ
ジョジョの奇妙な名言Part4〜8より引用 ナルシソ・アナスイの外見はこんな感じ!

徐倫の脱獄を手伝うにつれて彼女に惹かれていき、結婚したいとまで思うようになったアナスイ。

しかし反面徐倫は彼に対して恋愛観所は全くと言っていいほど抱いていないようだ。

実力としては間違いないレベルに到達しているとは思うんだけど、作中通して色々と変化の多いキャラクターであると認識されている。

【スポンサーリンク】

スタンド“ダイバー・ダウン”について

彼のスタンドである“ダイバーダウン”について考察してみよう。

このスタンドは“人や物の中に潜り込み、内部から操ったり組み替えたり力を解き放ったりする能力”を持つスタンドだ!

内部から組み替えることによって、チョコレートを顔に埋め込んでしまったり、自動操縦型のスタンドの思考回路を変えることすらも可能な模様。

“組み替えたり解き放ったり”といわれるとなんか悪くない響きなんだけど、チョコレートを顔に埋め込むと言われると、なかなかグロテスクな印象を受けてしまう!

やろうと思えばこの調子で色々な攻撃が出来るため、このスタンドもなかなかミステリアスで応用範囲が広いスタンドであると断言できそうだね!

ちなみに“力を解き放つ”では、スピードとパワーだけを壁などに潜らせておいて、タイイングを合わせて解き放つ事で間接的に壁の向こう側にいる相手を殴ったりできる!

あらゆる意味でトリッキーな立ち回りが可能なスタンドで、工夫次第でいくらでも強くなるタイプのスタンドでもあると言えそうだ!

ゴールドエクスペリエンスとかメイド・イン・ヘブン、スタープラチナとかと比べると見劣りする部分はあるんだけど、決して弱いスタンドではないよね。

以降同系統のスタンドが出てくることも有るかもしれないけど、その時はスタンドそのものの能力よりも、その“活用方法”について注目していきたい!

【スポンサーリンク】