【ジョジョ】ファニー・ヴァレンタインの強さとスタンド“いともたやすく行われるえげつない行為(D4C)”考察!

スティールボールランに登場するアメリカ大統領、ファニー・ヴァレンタイン。

今回は彼についてバトワンなりに考察していきたい!

愛国心溢れるファニー・ヴァレンタイン大統領は、どのような人物だったんだろう?

【スポンサーリンク】

ファニー・ヴァレンタインの強さとスタンド“いともたやすく行われるえげつない行為(D4C)”考察!

ファニー・ヴァレンタインの外見は以下の様な感じ。

バトワン的な感覚ではイケメンの部類に入ると思っているんだけど、この感覚合ってるかな?

大統領としてはその愛国心と行動力が影響し、絶大な人気を誇っていたようだ!

ファニー・ヴァレンタイン
ジョジョの奇妙な名言Part4〜8より引用 ファニー・ヴァレンタインの外見はこんな感じ!

彼はアメリカ各地に散らばる聖なる遺体を手に入れ、アメリカを“世界の全ての中心”にしようという野望を持っていた。

最初のうちから傲慢な印象のあったファニー・ヴァレンタインだけど、彼は愛国心の奴隷だったようだ。

私利私欲のように感じる描写も合ったみたいだけど、全ては彼にとっての“正義の行動”に元づいて行われていたことが後に判明している。

見方を変えてみれば、安直に悪いやつとも言い切れないところが奥深い!

【スポンサーリンク】

スタンド“いともたやすく行われるえげつない行為(D4C)”について!

彼の能力である“いともたやすく行われるえげつない行為”は、バトワン解釈の中では最強クラスの能力だと思う。

作中では“同じ場所に隣の世界を同時に存在させられる”と表現されているみたいだけど、要するにパラレルワールドの能力を持っているって感じだね!

わかりやすく箇条書きにすると以下のようになる。

  • パラレルワールド間を自在に行き来することができる
  • 他者を異世界へ引きずり込むことができる

これに加えて大統領は“平行世界の自分に意思とD4Cを託すことができる”という特性まで併せ持っているため、仮にファニー・ヴァレンタインを倒しても平行世界からまた同じ人物がやってくる…という無限ループが怒るようだ。

これは結果的に周りから見て“不死身”と同義であり、対処するのが極めて難しい能力でもあるといえるだろう!

また、パラメータはスタープラチナと同等ということで、格闘レベルだけとっても相当に高いことが伺えるところだ!

さすがは第七部のラスボス的な立ち位置を占めるキャラクターだね!

歴代最強とはさすがに言えない能力ではあるんだけど、厄介さで言えばトップクラスであることは紛れも無い事実なはずだ!

【スポンサーリンク】