【ジョジョ】岸辺露伴の強さとスタンド“ヘブンズ・ドアー(天国への扉)”考察!

第4部“ダイヤモンドは砕けない”で登場した岸辺露伴。

今回は岸辺露伴について考察しつつ理解を深めていきたい!

ジョジョワールドはいまいちバトワン的にまだわからないことが多いだけに、考察していくと色々面白いね!

【スポンサーリンク】

岸辺露伴の強さとスタンド“ヘブンズ・ドアー(天国への扉)”考察!

岸辺露伴の外見は以下の用意な感じ。

スピンオフ作品にて主人公になったりすることもあって、かなり有名なキャラクターなんじゃないかな!

売れっ子の漫画家、岸辺露伴の立ち回り、奮闘ぶりを見ていくのはなかなかに面白いものがある!

岸辺露伴4
ジョジョの奇妙な名言Part4〜8より引用 岸辺露伴の外見はこんな感じ!

なんでも漫画原稿を下書きなしで上から順に描けるほどのスゴワザの持ち主。

しかも、インクが乾くより早いスピードで絵が描けるのも岸辺露伴のすごいところだ!

超速で仕上げることが出来る能力を持っていることもあって、アシスタント無しで週刊誌に充分対応できるほど優秀な漫画家。

バトワンたちは漫画を“読む側”だから、週刊で連載していく大変さがいまいちピンとこない。

漫画家志望のファンだったり作家さんは、この凄まじさがより一層理解できるのかもしれないね!

また「荒木先生にとっての漫画家の理想像」を具現化したのが、この岸辺露伴というキャラクターなんだそう。

決して作者の“自己投影キャラ”ではないって感じだね!

【スポンサーリンク】

スタンド・ヘブンズ・ドアー(天国への扉)について!

人の人生・記憶を本のようににして読んだり、書き換えることが出来る能力を持つスタンド“ヘブンズ・ドアー(天国への扉)”

体のどこか一部が薄くかはがれるような形で本のページとなり、肉体や精神が残した記録があり、それを読むことで情報を得ることが出来る。

第三部のスタープラチナ以降、強力なスタンドがたくさん登場してきたと思う。

でも、そんな中で岸辺露伴のヘブンズ・ドアーは強さではなく“面白み”の要素が強いスタンドなんじゃないかな!

また、戦闘面ではアレだけど“特定条件下ではかなり強力”なスタンドであることも既に判明している。

“命令を書き込めば相手の行動を完全に支配下に置ける”というのがソレで、そこに至るまでのプロセスは苦労しても、書き込むところまでなんとか持ち込むことが出来れば、かなり優位に立ちまわることが可能になりそうだね!

弱点を持っているスタンドだからこそ盛り上がるストーリーっていうのもあるし、岸辺露伴のスタンドは結構好きな部類かも!

【スポンサーリンク】