【ジョジョ】東方定助の強さとスタンド“ソフト・アンド・ウェットについて”考察!

第八部、ジョジョリオンの主人公、東方定助。

第八部はまだほとんど読んでいないからアレなんだけど、今後読んでいきたい作品のひとつ!

今回はバトワンの主観を交えて東方定助について考察していきたい!

【スポンサーリンク】

東方定助の強さとスタンド“ソフト&ウェット”考察!

杜王町の“壁の目”と呼ばれる場所で全裸で埋まっていたところを発見された東方定助。

自らに関する記憶を全て失ってしまっており、俗にいう“記憶喪失”の状態。

第三部の主人公である東方仗助と同音異字の名前だけど、関係はまだまだ不明。

謎を明かさずにミステリアスにしておくテクニックの王道だね!

東方定助
ジョジョの奇妙な名言Part4〜8より引用 東方定助の外見はこんな感じ!

どの物語でもそうだけど、謎を証してしまうと物語の深みが一気に失われてしまう。

現時点での東方定助にはまだまだ謎のほうが多い状況なわけで、だからこそ過去のエピソードを読み返し、関連性を探りたくなってくる感じだ!

また、主人公でありながら“すきっ歯”という特徴を持っているのも珍しいところ。

もうちょっと無難なところを攻めたくなるのが普通の感覚だもんね。

でも、これまでも荒木先生は“普通は格好いいとは言えない特徴を格好良く仕上げてきた実績”があるわけで、このキャラクターデザインからはそんな自信も垣間見えるような気がする!

【スポンサーリンク】

ソフト・アンド・ウェット(柔らかくてそして濡れている)

以下はソフト・アンド・ウェットについて説明する東方定助。

定助のシャボン玉が割れる時“そこ”から“何か”を奪うことが出来るのだという。

ソフト・アンド・ウェット
ジョジョの奇妙な名言Part4〜8より引用 ソフト・アンド・ウェットについて語る東方定助!

上記カットでは“音”を奪ったような感じだけど、この説明を見る限り他にも色々と奪えるものはありそうだ。

例えば光、水、摩擦、毛などが代表的なようだけど、これ以外にもそのうち“空間”を奪ったり、あるいは“時”を奪ったりするような展開も十分にありえるかもしれないね!

主人公ってこともあるし、これまでのジョジョの傾向からしても東方定助の戦闘能力はどんどん上がっていくはず。

これからの成長・展開も非常に楽しみなキャラクターだといえるだろう!

現時点のソフト・アンド・ウェットはそこまで強力なパワーは持っていないような印象を受けるけど、オラオラのラッシュは健在。

果たしてこのスタンドが“低パワーから進化して高パワーになる”のか、それとも“低パワーを工夫で克服して最強になる”のか、刮目して見届けていきたい!

【スポンサーリンク】