【テラフォーマーズ】イザベラ・R・レオンの強さと手術ベース“リオック”考察!

アネックス計画・第5班に所屬しているイザベラ・R・レオン。

登場時にはかなり余裕もタップリで、強そうな印象を受けた彼女だったが、筋肉型テラフォーマーに一蹴されてしまう。

戦い方とか活用方法次第ではもっと活躍できたと思えるキャラなだけに、少しもったいない気がするぞ!

【スポンサーリンク】

イザベラ・R・レオンの強さと手術ベースリオック考察!

プロフィールなどを参照にすると、比較的陽気な性格であり、班長のアドルフをいじったりするムードメーカー的なポジションだったらしい。

テラフォーマーを前にした表情が中心だったし、陽気なイザベラってなんだか少し想像できないかも!

イザベラ4
テラフォーマーズ4巻より引用 イザベラは筋肉質な男性が好きらしい

いや、ともあれ、4巻ではテラフォーマーに向かって上記のような言葉を発しているし、ある意味陽気なのかな?

陽気というか、比較的ユーモアがあるタイプという感じなのかもしれないね。

性格面でも第五班に大きく貢献していたイザベラだけど、実力としても実は全体中13位の戦闘能力を誇っている。

さらに、女性だけでカウントした場合は3番めに強いという戦闘向けの手術ベースと能力を持っている。

性格もわりと戦闘向きっぽい印象を受けるよね、状況判断に長けてそう!

【スポンサーリンク】

手術ベース:リオック!

手術ベースがリオックということで、「どういう生物なんだ?」という疑問が湧いた。

で、ほったらかしとくのも気持ち悪いので少し調べてみると、“巨大なコオロギ”みたいだね!

イザベラ5
テラフォーマーズ5巻より引用 手術ベースがリオックだと判明した!

リオックは体長6cm〜8cm程度まで成長するコオロギの仲間。

オスよりもメスのほうが強くて獰猛であり、場合によっては体長10cmを越えることもあるのだそう。

また、カマキリなどと同様に、オスメスを同じところに置いておくと、オスを捕食してしまうこともあるのだとか。

まさに肉食女子風の印象を受けるイザベラ・R・レオンにピッタリの能力かもしれない!

コオロギの戦闘能力

バグス2号に乗っていたティンが、サバクトビバッタの能力を持っていたわけだけど、変態後の強さは並大抵のものでは無かった。

脚力を活かした蹴りがかなりの破壊力で、テラフォーマー相手に獅子奮迅の立ち回りを見せている。

本篇でのイザベラ・R・レオンはこれといった見せ場もなく死んでしまったけど、戦闘能力だけを考えれば相当高かったことが推測できるよね!

同じバッタ族だし、ティンと同等程度の戦闘能力があってもおかしくなかったかもしれない!

また、よくよく考えるとコオロギは牙も鋭いのがポイントだよね。

もし今でも彼女が生きていたとしたら、牙を活かした噛みつきと、脚力を活かした蹴りを織り交ぜた戦闘スタイルを見ることが出来たかもしれない!

【スポンサーリンク】