【テラフォーマーズ】ゲンゴロウ型テラフォーマーの強さと生体考察!

火星はテラフォーマーの星。

本来は人類が移住するために撒いたゴキブリと苔の一種。

これが進化してテラフォーマーになってしまったばかりか、文明を構築してしまっていた。

【スポンサーリンク】

ゲンゴロウ型テラフォーマーの強さと生体考察!

文明を構築してしまっていたばかりか、人類の最先端極秘技術であるバグズ手術をもモノにしてしまったテラフォーマー。

その中でも特に脅威となりえるテラフォーマーの1種がゲンゴロウなんじゃないかな?

今回はゲンゴロウ型テラフォーマーについて掘り下げていきたい!

4ゲンゴロウ
テラフォーマーズ3巻より引用 ゲンゴロウ型テラフォーマーの外見はこんな感じ!

ゲンゴロウ型テラフォーマーの外見は上記のような感じ。

バトワン的にはこういう“得意分野が明確なタイプ”っていうのは相当に脅威なんじゃないかと思っていて。

現時点でのテラフォーマーはあくまで“集団で突撃してくる”的な感じの人海戦術を得意としている傾向がある。

要するに、人数で押しつぶす作戦みたいな感じだよね。

でも、仮にコイツらが“戦略らしい戦略”を身につけたらどうなるか?

部隊を組んで部隊長を配置し、適材適所を効果的に使用することが出来たら。

ゲンゴロウやテッポウウオといった“水中戦テラフォーマー”は相当に脅威になるといえるだろう!

【スポンサーリンク】

単独の能力もさることながら、戦略的利用価値が高い!

単独の戦闘能力も確かなんだけど、戦略的価値が高いのが水中戦型テラフォーマーと空中戦型テラフォーマーだと思う。

では、これらのテラフォーマーを効果的に使うならばどのような手段があるだろうか?

少し考えてみたい!

日本を孤立させるのは超簡単!

水中戦型テラフォーマーがいれば、日本を孤立させるのは至極簡単だろう。

海外への輸出や、海外からの輸入をを徹底的に妨害することが出来るからだ。

空の便・空輸を妨害することもオニヤンマ型テラフォーマーとかを使えば簡単だけど、そうなると今度は人目につきやすいデメリットが生まれてくるよね。

そんなことをしなくても、船をガンガン沈めまくっていくだけで、日本の世界的信用は簡単に失われることだろう。

輸入・輸出に関しても飛行機限定になれば空輸コストが膨大なものになるはずだ。

自然と日本が貧窮化してくることは間違いないだろうし、それによって治安が乱れモノの奪い合いや犯罪がさらに激化するだろう。

徹底的に船を沈める。

これだけで充分に社会を廃れさせることは出来るはずだ!

ゲンゴロウ型テラフォーマーは海水への順応は難しいだろうけど、今度は“橋などの交通インフラを破壊する”といった立ち回りでも流通を遮断できる。

日本中の橋を崩落させてしまえば、陸路での運搬に支障が出ることは火を見るより明らか。

そしてそれを文字通り“水面下”で行うことが出来る点で、水中型テラフォーマーの脅威は絶大であると考えることが出来るだろう!

【スポンサーリンク】