【デスノート】ジェバンニの人物像考察、SPKにおける超技術者!

SPKのメンバーのひとり、ジェバンニ。

今回は彼について考察し、バトワンなりに理解を深めていけたらと思う!

彼ね、ずっと地味な役回りばっかりだったんだけど、実は優秀だったね!!

【スポンサーリンク】

ジェバンニの人物像考察、SPKにおける超技術者!

ジェバンニの外見は以下のような感じ。

ずっと魅上の尾行とかしか出番がなかった彼だけど、最終盤には“決め手”ともなる荒業をやってのけてくれた!

バトワンもそうだけど、彼に関しては完全にノーマークだった読者が多かったんじゃないかな?


デスノート12巻より引用 ジェバンニの外見はこんな感じ!

「ジェバンニが一晩でやってくれました」

このフレーズはニアの言葉なんだけど、ジェバンニがたったの一晩で“魅上のデスノート”を複製してくれたことを夜神月に告げたときのもの。

なんと、ジェバンニはたったの一晩で“魅上のデスノートの筆跡からノートの汚れまでも再現する”というぶっ飛んだ技術を披露してみせたんだ!

これによって“凄いものを短時間で作り上げるクリエイターさん”に対して「なんというジェバンニ」などという褒め言葉(?)をかける風習が生まれたんだってさ!

ジェバンニの影響力、恐るべしだね!!

では、今度は“なぜジェバンニが一晩で複製できたのか?”について考えてみたい!

【スポンサーリンク】

ジェバンニがノートを短時間で複製した方法とは?

たった一晩でノートを複製する。

ノートだけじゃなくて、魅上の書き込んだ文字やその筆跡までをも完全に複製してみせる。

このような離れ業は“普通のやり方”をしていては、到底成立しないことだろう。

“ジェバンニが筆跡の複製に優れている”とか、もはやそういったレベルの話じゃないはず。

そうなってくると、どちらかというと“そういう特別な装置を保有している”と見たほうが自然かもしれない!

このスーパープレイを成立するために必要なのは以下あたりかな?

  • ノートの表紙・裏表紙に使われている紙・インクなど材質の解析
  • ノートの書くところに使われている紙・インクなど材質の解析
  • 上記2点の材料・材質の調達
  • 筆圧などを踏まえて複製するプリンタ
  • ノートのヨレ、汚れなどを再現する技術

これら“解析と調達”といった部分だけでも数時間は要するところだと思う。

その後スキャンした魅上のノートをプリンタでコピーし、出力するのに1時間くらいはかかるはず。

さらにそのあとプリントアウトした紙を繋ぎ合わせてノートの原型を再現し、ヨレや汚れを手作業で追加する。

で、失敗は許されないから最後の最後に入念にチェックする。

これだけの作業を常人がやろうと思ったら、効率よくやっても6〜8時間くらいはかかるんじゃないかな?

一晩ってことだから、ジェバンニはこれを5〜6時間くらいでやってのけた…ってことだろうか!

1文字1文字手作業で筆跡を真似ていくよりは遥かに楽だけど、それでもかなり大変な作業であることは間違いない!

ここまでのことをやってのけることが出来たジェバンニは、やはり超優秀な技術者であることは間違いなさそうだ!!

【スポンサーリンク】