【トリコ】グリンパーチの強さと技考察、実力は一体どのくらい?

美食會副料理長、グリンパーチ。

トリコの敵キャラは基本的に異色のキャラが多いんだけど、トミーロッドとグリンパーチは結構好きな部類だったりするんだよね。

そこで今回はグリンパーチの強さと技とか、その特徴を考えていこうと思うんだ。

【スポンサーリンク】

グリンパーチの強さと技考察、実力は一体どのくらい?

そもそも外見からしてかなりグロテスクな印象をうけるグリンパーチ。

以下のカットとかでもそうなんだけど、基本的に“何を考えているかわからない”といった感じだよね。

グリンパーチTwitter
トリコ及びTwitterより引用

グリンパーチ自体はトンボみたいな“複眼”を持っていることと、“腕”を敵から奪って増殖させていることが特徴の怪人だったりする。

奇妙な怪人が多い美食會の中でも、なかなかの異色キャラなのかもしれない!

奇妙な食癖を持っている!

外見としてはまぁ人間…っちゃ人間なんだけど、怪人というか動物っぽい要素もめっちゃ備えてる。

デビルモスキートの口を加工して作った巨大ストローでいろんな食材を吸い尽くすのもなかなか奇妙なんだけど、それより“飲み込んだ食材を吐いて再び食べる”という食癖を持っていたりね。

これは人間は基本的にやらないよね、一部の動物が好んでやる食癖かもしれないけど、人間の感覚ではとても出来るものではない。

グリンパーチ、怖いよね。

【スポンサーリンク】

しかしながら高い戦闘力!

グルメ界編では全くと行っていいほど登場してないんだけど、やっぱり“処分されてしまった”のかな?

戦闘能力に関してはなかなか高く、目を見張る部分が多かったキャラだけに、再登場に期待が高まるわけなんだけど、どうなんだろうね。

彼の体は食道から臓器、血管内までもが濾過装置(ろかそうち)になっていることがポイント。

これが影響して、体内に毒が入ってきてもすべて解毒することが出来るので、ココにとってはある意味かなり戦いにくい相手なのかもしれない。

しかも性格が“ストレスを感じないタイプ”であることも影響して、抵抗力もかなりズバ抜けたものを持っていました。

最終的にはココのグルメ細胞の悪魔“ポイズンデビル”が放つ“テビルポイズン”によって、撃退されてしまったグリンパーチ。

もし仮にグリンパーチがグルメ界に再登場したとしても、きっとインフレについていけないんだろうなぁ。

あのドンスライムですらアカシア(ネオ)に敗北した流れだったりもするので、仮にグリンパーチが再登場したところで噛ませ犬として終わることは目に見えてるような気がする。

まぁ、登場キャラもかなり増えてきた感じだし、あえて再登場させるまでもないのかもしれない!

しかし、“複眼”という特殊な能力を持っている異色キャラクター、グリンパーチの特性は忘れ去られてしまうには少し惜しいような気もする。

定期的に思い出してあげたいキャラクターではありますよね!

【スポンサーリンク】