【トリコ】サンドリコの毒性とアレルギー、強烈過ぎる植物獣類!

バトワンは花粉症だ。

だから、サンドリコのようなアレルギー系の植物は正直“大嫌い”の部類に入る!

今回はトリコ世界に登場するサンドリコについて考察していこうと思うぞ!

【スポンサーリンク】

サンドリコの毒性とアレルギー、強烈過ぎる植物獣類!

サンドリコの外見は以下の様な感じ。

どっからどう見ても、新手のパックンフラワーって感じだけど、どんなに巨大な生物でも全身の水分を排出してしまう毒性を持っている植物。

サンドリコのアレルギーに捕まってしまったら、これは相当に苦しそうだ!

サンドリコ33
トリコ33巻より引用 サンドリコの外見はこんな感じ!

しかも上記のカットを見る限り“天然物”の致死率は100%であるとされている。

バトワンと同じく花粉症の人は想像してもらいたいんだけど、春のスギ花粉とかで全身脱水症状になってしまうなんて、さすがに辛すぎるよね。

ぶっちゃけ、インフルエンザとかのほうがまだマシなレベルだってバトワンは思ってる!

開きっぱなしの蛇口のように止まらない鼻水、そして擦っても擦っても痛痒い目。

そんな苦痛を与えてくるアレルギー植物なんて大嫌いだ、もう!

サンドリコなんてその辺に生えてたら速攻で石か何か投げつけるくらい嫌いだ!

【スポンサーリンク】

トリコの症例を見てみよう

ではここでトリコの症例を見てみよう。

サンドリコの花粉アレルギーに直撃してしまったトリコは以下。

涙と鼻水が文字通り、滝のように流れ出てきてしまっている!

サンドリトリコ33巻
トリコ33巻より引用 サンドリコのアレルギーのヤバさ!

このまま全身の水分を脱水させてしまうのがサンドリコの恐ろしさだろう。

いや、少し待て。

だとしたら、石なんか投げつけた日には、完全に返り討ちじゃないか!

ホント、許してくださいサンドリコ様。

毒をもって毒を制す!

しかし、そんなサンドリコも実は“食材”なんだそうだ。

一見食べられるようにはとても見えないけど、花粉症を止める唯一の特効薬であるとされている。

まさに“毒をもって毒を制す”というやり方だね!

しかも、わざと花粉を受けて全身の水分を失ってから食べると更に美味しいらしんだけど、美味しさを味わうためにそこまでやるのはちょっとキツい気がするから微妙なところ。

ちなみにココは気に入ったみたいで、サンドリコは彼のフルコースの前菜に決定されたようだ。

サンドリコは強烈なアレルギー花粉を放つ猛毒の植物。

ともあれ、あの苦しい花粉症から開放されるのであれば、嫌々でも食べたいと願う気持ちはわかるよね。

もしバトワンがサンドリコの花粉症になってしまったら、なんとか我慢して食べることをここに約束しておく!

【スポンサーリンク】