【ドクターストーン】27話「とある科学者の願い」ネタバレ確定感想&考察!

今回のドクターストーンでは「あさぎりゲン殺人事件」の犯人(実際には死んでないけど)が明らかになる展開となった!

また、村には「御前試合」という催しが存在し、そこで優勝した男が“長になる”というのしきたり(?)のようなものがあることも判明。

これを前提にして読んでいくと、27話は理解しやすいと思う!

【スポンサーリンク】

27話「とある科学者の願い」ネタバレ確定感想&考察!

まず、前話で問題となった「あさぎりゲン殺人事件」の犯人は以下のマグマと呼ばれる男なのだそう。

コハクのあまりの“強さ”の原因が妖術にあると判断し、彼から見てその原因と考えられるゲンに標的を定めたようだ。

ゲンが狙われたのは完全に“とばっちり”だったみたいだね!どんまい!!


ドクターストーン27話より引用 ゲンを狙ったのはこの男、マグマ!

いかにも武闘派のマグマ。

村長になるためにコハクに勝利する必要がある彼が、その強さの根源と思しき妖術を使う妖術使いを先に狙おう…とするのはある意味では合理的なことだと思う。

ここはナチュラルな展開だね!

あえて指摘するならば、あさぎりゲンが“とばっちりを受けたこと”について涙を流して大爆笑していた千空の振る舞いには、正直ちょっとだけイラっとしたことを告白しておきたい。

バトワンも個人的にあさぎりゲンは好きなキャラじゃないんだけど、彼も彼でマグマに襲われて死ぬ思いをしたわけで、血のりマジックに失敗していたら実際に命を奪われていたかもしれない。

この前提を千空は知っているはずなのに、よくこんなに爆笑できたなぁ…とは思ってしまうかも!

【スポンサーリンク】

金狼&銀狼の特別特訓と、クロムの微笑みについて!

後半は場面も代わり、金狼&銀狼が特訓をするシーンへ移ろう。

2人のうちどちらかをマグマに勝利させ、ルリと結婚させようと訓練をつけるコハク。

本当はずっとルリを好きだったのはクロムなんだけど、彼は金狼&銀狼と比べて武闘派じゃないもんね。

むしろ「科学者として頑張っていく姿勢」を見せたことに、ある種の漢らしさを感じたかも!


ドクターストーン27話より引用 「科学者として頑張っていく姿勢」を見せるクロム!

武力を求めてルリと結婚することを求めるのではなく、科学の力でルリの病を治そうとするクロム。

千空に比べて知識の面では劣るけど、他の部分に目を当てればクロムがかなり良い感じだね!

クロムは自力で薬草や鉱物を集めまくってしまうような根気も持ち合わせていくし、千空の知識を吸収すればそれこそ本当に優秀な科学使いに成長していきそうだ!

ちなみに次に2人が発明するのはガラスみたいだよ!


ドクターストーン27話より引用 次に2人が発明するのはガラスみたいだよ!

ステンドグラス風に描かれている千空が神々しい感じでいいね!

科学者のイメージらしく(?)偏屈な部分もある千空だけど、粘り強い正確を持つクロムと組んだらきっと、どんどん文明を復旧していくことができるだろう!

ガラスがあれば色々な薬品が作れるようだから、まだ知らない薬品とかが作中に登場してくるのが楽しみだ!!

【スポンサーリンク】