【ドラゴンクエスト】ヘンリー王子の人物像考察、またはラーの鏡の伝説について!

ラインハットの王子として登場した人物、ヘンリー。

今回は彼についてバトワンなりに考察し、理解を深めていきたい!

彼も彼でなかなか過酷な運命を辿ってきた人物だと思う!

【スポンサーリンク】

ヘンリー王子の人物像考察、またはラーの鏡の伝説について!

ドラゴンクエスト冒険の歴史書によるヘンリーのイラスト表現は以下のような感じ!

彼は幼少期、光の教団の連中に誘拐された経験の持ち主でもある。

その後パパスによって牢から出されたもの、今度はパパスがゲマの卑怯な手段によって殺されてしまい…といった流れ。

主人公とヘンリーは、その後ゲマに捕らえ、セントベレス山の神殿に送られることとなってしまった…。

もうこの辺りはピンチの連続でハラハラだったよね!


ドラゴンクエスト冒険の歴史書より引用 ヘンリーの外見はこんな感じ!

特にゲマはパパスの仇として有名なキャラクター。

ヘンリーとしては結果的に自分を責める気持ちが働いてしまっていた様子。

せめて主人公を助けようと、10年にもわたる奴隷生活を耐えてきたキャラクターだ!

人間、よほど強い意思でもない限り、置かれた環境に精神が順応しようとしてしまうというもの。

にも関わらず、ヘンリーは10年もの間ずっと信念を保ちつづけることが出来たわけだね!

これは本当に凄いことだと思う!

【スポンサーリンク】

ラインハットに戻たヘンリー!

ちなみに最終的にヘンリーはラインハットに戻っている。

が、ラインハットは腹違いの弟のデールが王位を継いでおり、しかもそれが傀儡。

実際には太后が実験を握る…と、なかなかの有様だった!

ラーの鏡を手に入れ使用することで、偽物の太后を打ち倒すに至った!

ドラゴンクエストVにおけるラーの鏡の代表的なエピソードだね

それにしてもドラゴンクエストシリーズにおいてラーの鏡は本当に、鍵となる場面で役に立ってくるなぁ!

伝説のラーの鏡について!

ラーの鏡はドラゴンクエスト2からドラゴンクエスト7までに登場した“真実を映し出す”定番アイテムのひとつ。

ドラゴンクエスト2では犬にされた王女を元にす戻すために使ったり、ドラゴンクエスト3ではニセの王様を倒すために使ったり…といった具合。

他のシリーズでは「モシャスの解除しか使いみちがない」みたいな寂しい結末になっていることも多いのが少し残念だ!

しかしともあれ、これだけシリーズ通して登場しているアイテムも少ないと思うし、そういった意味ではかなり“伝説の秘宝”のひとつに数えられるんじゃないかな、ラーの鏡は!

【スポンサーリンク】