【ドラゴンボール】どどん波の強さ考察、今でも強そうな強力光線!

鶴仙流の技のひとつとして名高い、どどん波。

後半はほぼ全くと言っていいほど登場しないんだけど、超強力な技かもよ?

ってことで、今回はどどん波の強さについて考察し、バトワンなりに理解を深めていきたいと思う!

【スポンサーリンク】

どどん波の強さ考察、今でも強そうな強力光線!

どどん波を使っている様子は以下。

そう、彼は今は懐かしの“桃白白”だ!

彼もまたアグレッシブな戦闘方法を多く披露してくれた名キャラクターだよね!


ドラゴンボールより引用 どどん波を放つ桃白白はこんな感じ

どどん波の凄さは、なんといっても“発動モーションの短さ”じゃないだろうか?

「どどん波」と言った次の瞬間にはもう発動している印象があるし、かなりスピーディな技だと思う!

また、当時のドラゴンボール世界においてかめはめ波に対抗できる、数少ないエネルギー弾のひとつだったんじゃないかな!

なんなら“魔貫光殺砲”みたいな“貫通属性”もありそうなほどだし、極めればもっと強くなりそうな予感もする!

残念なのは、鶴仙流に“サイヤ人がいなかったこと”くらいかもしれない!

もし悟空が鶴仙流に入門していたら、悟飯とか悟天が使用していたのはどどん波や気功砲だったかもしれないね!

【スポンサーリンク】

どどん波を素手で受け止める悟空!

ちなみにこのどどん波は、悟空に“素手で受け止められる”という残念なシーンがある。

いや、当時から悟空の能力が凄まじかった…ってのもあるんだけどさ!

それにしても、これだけの気弾を正面から受け止めてしまうなんて…当時から悟空はホント格好いいね!!


ドラゴンボールより引用 どどん波を素手で受け止めようとする悟空!

このどどん波を受け止めたあとの悟空は「熱ちィ、熱ちィ!」くらいの感じだったのが印象的。

これだけの規模のレーザー系気弾を受け止めて「熱い」で済ませてしまうあたり、今振り返ってみれば「さすがはサイヤ人!」と感じてしまうところだよね!

どどん波を放った桃白白も、当時の世界観では“かなりの達人”って感じだったから、そんな相手の放つエネルギー波に正面から立ち向かう勇気を持っていたことは勝算に値するといえるんじゃないかな!

もし悟空が鶴仙流に入ってたら?

上記でも触れたけど、もし悟空が“鶴仙流”に入っていたら、物語はどうなっていただろうか。

そういった“アナザーストーリー”に思いを馳せてみるのもバトル漫画の面白みのひとつ!

ドラゴンボールの歴史はかめはめ波の歴史…といっていいほどになってると思うけど、もし悟空がどどん波を主体に闘うような展開になっていたら、数々の名場面の雰囲気がガラっと変わってきそうだ!

強敵を倒す時も“超サイヤ人どどん波”で倒してたのかなぁ?なんて妄想すると、ちょっと面白い気がする!!

【スポンサーリンク】