【ドラゴンボール】人造人間17号(本名ラピス)の強さと人物像考察、驚異的な戦闘力!

今回は“人造人間17号(本名ラピス)”について考察していこう!

彼は人造人間編で登場したクールボーイであり、18号ほどではないけど重要キャラにカウントされる人物だ!

非常に強力な戦闘力を持つ彼の実力に迫ってみたい!

【スポンサーリンク】

人造人間17号(本名ラピス)の強さと人物像考察、驚異的な戦闘力!

人造人間17号の外見は以下のような感じ。

登場初期は18号とペアで動き、ドラゴンボール戦士たちを大いに苦しめた!

初戦闘ではトランクス・ピッコロ・天津飯の3人を相手にしても充分に立ち回ったことは有名な話!


ドラゴンボールより引用 人造人間17号(本名ラピス)の外見はこんな感じ!

そもそも“永久エネルギー炉”を搭載していることもあるし、彼のスタミナは無限に近いものだと思われる。

戦闘能力としては超サイヤ人状態のトランクスをも圧倒するくらいだから、きっとフリーザを相手にしても余裕で勝ってしまうのだろう!やばい!

そう考えると、人造人間を生み出したドクターゲロの科学力がいかに危険で、地球人の常識を二段階も三段階も凌駕していることがよくわかると思う!

動かすだけでも大変そうな人造人間を、フリーザ以上の実力に引き上げてしまうなんて…この科学力、恐ろしすぎて戦慄してしまうところだ!

【スポンサーリンク】

ドクター・ゲロを恨んでいる?

ちなみに彼は自分を勝手にしたドクター・ゲロを恨んでいるのだそうだ。

“孫悟空を殺す”という絶対任務は遂行する方針ではあるものの、その前にドクター・ゲロを始末するなど、なかなかにその恨みは深い様子。

とはいえ彼は別に感情的になってゲロを始末したような雰囲気でもない。

論理的に、合理的に、ただ淡々と駆除をするような…まさに人造人間らしい雰囲気を持った人物像だといえるだろう!

彼にとって全てはゲーム?

冷静沈着、合理的思考。

彼の“論理的・合理的な部分”は、以下のポイントからも見て取れる!

  • 関わらない者へ無闇に危害を加えることはなかった
  • 倒したベジータたちにもとどめを刺さなかった
  • クリリンに対しては全く危害を加えず、仙豆による体力回復を勧めた

しかし論理的・合理的な側面を持っている反面、彼は行動をゲームのように楽しむ“心のゆとり”とか“人間らしさ”も持ち合わせているみたいだ。

実際のところ、悟空を倒すための移動もあえて自動車でドライブがてらに探してみたり…と、自由奔放な様子も見受けられた。

これらの点を踏まえると、彼は“メインの目的である悟空抹殺”を除けば、とても普通なんだ。

普通に幸せに暮らせていればそれでよかった。

だからこそ、ゲロに対して恨みを抱いたのかもしれないね!

【スポンサーリンク】