【ドラゴンボール】桃白白(タオパイパイ)の強さと人物像考察、インパクト絶大だった序盤の強敵!

ドラゴンボールの序盤の強敵と言えば、誰もがこの男をイメージするだろう!

彼の名は“桃白白(タオパイパイ)”

今回はレッドリボン軍が雇った世界一の殺し屋について、バトワンなりに考察を入れていってみたい!

【スポンサーリンク】

桃白白(タオパイパイ)の強さと人物像考察、インパクト絶大だった序盤の強敵!

桃白白の外見は以下のような感じ。

後ろで束ねた三つ編みヘアーが印象的な、拳法の達人だ!

血脈を辿れば、なんとあの亀仙人のライバルである鶴仙人の実弟なのだという!

実年齢も凄まじく、ピッコロ大魔王編の時点でなんと既に291才という年齢なんだそうだ!

さすがは仙人の弟!ってところだね!


ドラゴンボールより引用 桃白白(タオパイパイ)の外見はこんな感じ

ちなみに彼は271才の時に脱サラして殺し屋になったのだという。

ってことは“殺し屋歴はあの時点では20年くらい”ってことになるわけだね。

当然それでも凄いんだけど、むしろ「200年くらいはサラリーマンしてたんかい!」というインパクトのほうが大きいような気がしてしまう!

このあたりはきっとさりげないツッコミ要素を取り入れた、鳥山先生なりのギャグなんだろう!

彼に殺しを依頼する金額は法外で、なんと1人につき1億ゼニーもかかってしまうみたいだ!

【スポンサーリンク】

あらゆる手段を用いて対象を撃破するプロフェッショナル!

彼の攻撃手段でインパクトが大きかったのは、指や舌でも人を殺すことができるという点だろう!

特にブルー将軍のコメカミを舌で貫いて倒してしまったシーンは鳥肌モノだった!懐かしいね!

また、桃白白は気を操ることにも長けており、その能力がこの暗殺術に大きく影響を与えたものと考えられる!

悟空を“どどん波”により瞬時に倒したこともあり、これが彼を“強敵”として読者に強く印象づけるトリガーになったことは言うまでもない!

これまでいろいろな悪役が登場したけどその中でも悟空を倒したキャラクターは珍しいんじゃないかな?

ちなみにこれらの攻撃手段以外にも剣術も扱える上、爆弾を使用したりだまし討ちを活用したり…といったあらゆる手段を用いて勝ちを取りにいく、とても周到な性格であることも特筆すべきポイントだろう。

スポーツのように正々堂々と戦おうとする敵が多い中、逆に“勝てば官軍”的な発想で暴れまわってる感じだし、今になって見直してもなんだか斬新な印象を受けてしまうよね!

さらには後にサイボーグ化して再登場したりと、いろいろな意味で話題に事欠かない人物だ!

【スポンサーリンク】