【ドラゴンボール】気功砲の強さ考察、天津飯の奥義的なアレ!

天津飯の使用する気功砲。

ピッコロの魔貫光殺砲、クリリンの気円斬、ヤムチャの繰気弾…みたいな感じで、天津飯の代名詞になっている感じだよね!

今回はこの気功砲について考察し、バトワンなりに理解を深めていけたらと思うよ!

【スポンサーリンク】

気功砲の強さ考察、天津飯の奥義的なアレ!

天津飯が気功砲を使っている感じは以下。

両手の親指と人差し指で四角形を作り、そこから気を放つ…というのが気功砲の骨子。

破壊力に関してはかなり高く、新たに開発した“新気功砲”は、あのセルですら結構苦しめた実績を持ってたりする!

セルと戦った辺りが天津飯のピークだったんじゃないかな?


ドラゴンボールZ超より引用 気功砲を使ってる時の天津飯はこんな感じ

気功砲に関しては威力も高いんだけど、実はデメリットが結構デカい印象。

なんというか、気の消耗がめちゃくちゃ激しいみたいで、使いすぎると死んでしまうんだとか。

なお、その破壊力は魔貫光殺砲をも上回るのだという…。

魔貫光殺砲と言えば、ラディッツと悟空のドテっ腹にまとめて一気に風穴を空けた大技…として有名だよね!

そんな魔貫光殺砲よりも技の威力が高いというのは…ぶっちゃけ脅威だ!ヤバい!!

【スポンサーリンク】

悟空のライバル的な存在だったけど…?

登場初期は“悟空のライバル”的な感じのポジションで頑張ってた天津飯。

でも、もはや全くと言っていいほど活躍の場がなくなってしまったよね。

超サイヤ人が登場してしまった時のパワーインフレがそれほどまでに凄まじかったということだろうか。

スーパーサイヤ人の登場はフリーザとかセルのような強敵の息の根も止めたけど、それと同時に“地球人Z戦士たちの選手生命”をも奪ってしまった…といっても過言ではないだろう!

好きだったんだけどな、気功砲…。

ちなみに天津飯の代名詞である“気功砲”ではなく、なぜか“排球拳”が何故かゴテンクスに採用、作中で用いられたことがある。

もしかしたらゴテンクスなりに“天津飯の存在価値のひとつである気功砲”には触れちゃダメだ…って感じで思ってたのかも知れないね!

こんなところにまで気配りができるとは…なかなかマセてるじゃないかゴテンクス!

天津飯の“気功砲を使った大活躍”は、今後のドラゴンボール超ではほぼ100%に近い確率で見られないだろうからちょっと残念だけど、もし1%でも可能性があるのなら「再び見てみたい必殺技ランキング」の上位にノミネートしときたいと思う!

生命力を削ってでもみんなのために頑張る天津飯…あの勇姿をバトワンは忘れない!!

【スポンサーリンク】