【ナルト】うみのイルカの強さと忍術考察、心優しき木の葉の講師!

ナルトにとっては家族のような存在として、常に頼りになるポジションのうみのイルカ。

性格的には“優しい兄ちゃん”といった感じで、あまり戦闘をしない割に人気が高い忍の一人。

今回はバトワンなりに、うみのイルカ先生について考察していこうと思うぞ!

【スポンサーリンク】

うみのイルカの強さと忍術考察、心優しき木の葉の講師!

忍者学校での講師とうこともあって、基本的に前線で戦うような場面は見られないものの、陣の書だと両親がエリート忍者だという設定なども明かされ、実は結構強いんじゃないか?と思ってたりする。

完全にいい人って感じで、ナルトとヒナタの結婚式では、感極まって涙を流すなどといったエピソードも。

うみのイルカ陣
ナルト秘伝・陣の書より引用 うみのイルカの外見はこんな感じ

木ノ葉崩しの際にはアカデミー生の避難誘導を行ったり、「命に代えても守る」などといった発言もあったので、実際に前線に出たらめっちゃ頑張ってくれそうな感じがするよね。

と、いいつつも、基本的には講師としての役割をしっかりと全うすることがメインの考え方を持ってるっぽい感じだから、なんだかんだッ増援の忍が駆けつけてくれたりしたら、そっちに戦いを任せて生徒の安全を確保する方向に動きそう。

なんかわかんないんだけど、基本的に保守的な印象があるんだよね。

【スポンサーリンク】

忍術が結構不明だったりする

ゲームなどでは手裏剣や分身といった基本的な忍術は使用できるとのことだが、実際に忍術を使用して戦っている場面は特に描かれていないようで、初期から登場しているわりに“謎が多いキャラ”という印象を受ける。

とはいうものの、イルカの決闘がエリートであることや、Aランクの任務を幾度となくこなしてきた経歴などを見ると、実力は確かっぽい印象を受けるよね。

性格的に結構クセの強い忍が多い木の葉隠れの里の中で、あくまでもニュートラルでナチュラルな性格をしているイルカ先生は、教育者という面で、新しい木の葉の忍を育てるのに欠かせない存在になっているんだろう。

だからこそ前線にはあまり立たずに、忍者の卵の面倒を見るのがメインになってる気がするよね。

確かにカカシ先生も戦闘になると格好いいし、師匠としても優秀だとは思う。

でも、カカシはちょっと抜けてるところもある感じだし、イルカ先生は木の葉にとって特に重要な教育者として認識されているのかもしれないね!

きっとこれからのBORUTOの物語でも優秀な先生として収集な忍をどんどん排出していくに違いない!

身寄りのなかったナルトにとって、時として親、時として兄となって支えてくれたイルカ先生の今後の活躍にも期待だ!

【スポンサーリンク】