【ナルト】四代目雷影エーの強さと忍術考察、キラービーの兄の実力とは!

雷影は代々「エー」の名を受け継いでいるため、本名は他に存在すると思われるものの、現在では“エー”として通っている四代目雷影。

雷影には実は色々なエピソードがあったりして、少し掘り下げてみると面白いところが出てきたりする。

今回はそんな四代目雷影について、バトワンなりに考察していこうと思うんだ。

【スポンサーリンク】

四代目雷影エーの強さと忍術考察、キラービーの兄の実力とは!

雷影に関しては、実は木の葉の“白眼”にまつわるエピソードがつきまとっていたりもする。

かつて取引を行うことで“白眼”をてに入れようとしたり、軍備の増強に関してなかなかの興味を示しているものと考えられるのが一つの特徴といえる。

四代目雷影陣
naruto秘伝・陣より引用 四代目雷影・エーの外見はこんな感じ

上記外見を見た通りの熱血漢で豪傑といった印象の強いエー。

夜月一族特有の肌色や髪色を持っているのもエーの特徴のひとつ。

また、体内に八尾を持つ人柱力・キラービーと兄弟の契を交わしており、自身のパートナーとしている。

白眼に拘っていたエピソードは読み返して見ると面白いかもしれないね!

木の葉のネジにとって、真の仇であるポジションながら、そのキャラクター性を見ていくと必ずしも“悪いやつ”とは断言できない気がしてくるんだよね。

【スポンサーリンク】

三代目雷影に憧れ強くなった四代目エー

幼い頃から三代目雷影を見て育ってきた四代目雷影は、強くなるために徹底的に肉体を鍛え上げた。

三代目雷影はかつて仲間を逃がすため、一万の敵を相手にたった一人で戦い囮となり、亡くなったとされる雲隠れの長。

たった一人で1万人を相手することが出来るほどの豪傑である父を持ったことが、四代目雷影にとって大きな影響を及ぼしているのは間違いないといえそう。

雷のチャクラを使用して速度を大幅に強化できるため、元々強力なパワーを更に高めることが出来るため、相当な武闘派忍者であることは間違いない。

里の仲間に対しては情が厚い

仲間に対しては情が深すぎて親バカの領域だとも言われており、いわゆる直情型っぽい印象を受ける。

木の葉の忍の中ではガイとかリーと気が合いそうなタイプかもしれないね。

もしガイやリーが雲隠れの里に生まれていたとしたら、とんでもなく暑苦しい里になっていた可能性もある。

キラービーだけでも充分に暑苦しい印象があるのにも関わらず、ここにガイ&リーが加わったらとんでもない猪突猛進軍団になりそうな予感がするんだけどどうだろうか?

個人的にこういった暑苦しいキャラは嫌いじゃないんだけど、集団になると流石に読んでいて疲れそうな気がするぞ!

【スポンサーリンク】