【ナルト】土遁・土流壁(どりゅうへき)の強さ考察、火や水に対する防護壁!

3代目火影が使用した土遁、土流壁。

今回はこの“土遁・土流壁(どりゅうへき)”の強さについて考察してみよう!

多分だけど、他の忍術と比べてむちゃくちゃ高度な印象を受ける!

【スポンサーリンク】

土遁・土流壁(どりゅうへき)の強さ考察、火や水に対する防護壁!

土遁・土流壁を用いている場面は以下。

口の中でチャクラを変換し、大量の土を生み出すところからこの術はスタートする!

チャクラそのものが“土”へと姿を変えるという時点で、かなり高度なテクニックを用いている印象だ!


ナルト秘伝・闘の書より引用 土遁・土流壁(どりゅうへき)はこんな感じ

で、さらに土遁・土流壁の規模をチェックしてみて欲しい!

上記のカットとかはもはや一目瞭然なんだけど、明らかに“自分の身体を遥かに超えた質量の土”を生み出していることがわかる!

さらに、この土自体にもチャクラが張り巡らされていることもあって、普通の土壁と比較しても圧倒的な強度を誇るのだそうだ。

ナルトワールドに“質量保存の法則”などは、全くといっていいほど通用しない!!

まさにこれこそが、固定概念を取っ払った自由な発想だと受け止めることも出来るかもしれないね

それにしても口から土を吐くなんて、なんかザラザラして気持ち悪そうだ!

【スポンサーリンク】

二代目火影の水遁をも阻止するほど!

もはや“ビックリ人間コンテスト”への歯止めが利かないナルトワールド。

今回ピックアップした土遁・土流壁に関しても、驚愕の仕組みで生み出された術であることがわかった。

しかもさらに調べていくと、その土遁の威力がとてつもなく高いことが判明したのだ!

なんと、この土遁・土流壁は二代目火影の水遁忍術をも阻止するほどの硬度を持つという!

口の中で“自分のチャクラ”だけを原材料に生み出された土の壁。

迫りくる水遁に対してほぼ瞬間的に発せられたこの忍術だけど、その硬度やコストパフォーマンスを見ると、かなりの応用範囲があるといえるだろう!

あらかじめ壁を作っておくことも!

こういう事が出来るのであれば、あらかじめ壁を作っておく…といった立ち回りも可能だろう。

また、敵対する里の“貯水庫”とか“ダム”みたいな場所に土流壁で土を吐き出し、水攻めにする(相手の水を切らしたり)ような使い方だって出来る。

戦わずして勝つ…という兵法の基本に則れば、この術は使い方次第でいくらでもエゲツない使い方が出来るような気がしてならない!

初代にしても3代目にしてもそうだけど、火影は全体的に“地形そのもの”に影響できる点が優れている感じだね!

こういう忍がいるからこそ、木の葉は“全ての隠れ里の中で最強の大国”として発展したと考えることも出来るだろう!

【スポンサーリンク】