【ナルト】椿の舞の強さ考察、君麻呂の用いる骨の乱舞!

君麻呂の使用する骨・骨・骨。

今回はそんな君麻呂の術の中から、椿の舞について考察していきたい!

骨を使って相手を追い詰める、強力無比な体術にカウントされる技だ!

【スポンサーリンク】

椿の舞の強さ考察、君麻呂の用いる骨の乱舞!

椿の舞を使用している感じは以下。

手に持った骨で相手を突く、突く、突く!!

適当にぶっ刺しているんじゃなくて、舞っていうくらいだから“ある程度の攻撃パターン”みたいなのがあるのかな!


ナルト秘伝・闘の書より引用 椿の舞はこんな感じ

骨脈から抜き取った骨の刀を使用して、目にも止まらないスピードで放つ骨の乱舞。

あまりにもスピードが早いせいか、手からは残像が見えてしまうほどだ!

直線的な刺突攻撃ということもあって、回避は無茶苦茶難しいことだろう。

そればかりか、君麻呂が“変則的”な動きで攻撃するのを好む性格をしてるっぽい感じなのも厄介。

特にリーのような“努力型”の忍は、同じ型を繰り返し磨くタイプの鍛錬を積んでいることが多いはずだ。

大抵の場合はこの訓練が経験となり実戦に活かされるんだろうけど、変則的な相手になると話は別。

むしろ繰り返した経験こそが仇になってしまうことだってありえるだろう!

とはいえ、鍛錬なくして実力アップなんていうのは基本的にありえないこともまた事実。

これらのことを踏まえると、君麻呂がいかに厄介な忍であるかということがわかる!

【スポンサーリンク】

連打であることのメリット!

また、これは椿の舞に限ったことではないけど“連打すること”そのものにもメリットあると思う。

基本的にこういった類の連打は、ボクシングでいう“ジャブ”みたいな効果があるんじゃないかな。

相手との間合いを調整したり、相手の動きに対して強引に隙を生み出したり。

そういった類の戦闘方法を持っていることは、君麻呂のひとつの強みだといえるかもしれないね!

さらに、椿の舞に関していえば“ジャブ系なのに刺さる特性を持っている”という点で優位。

ちょっとでも刺さってしまえば普通は“ズキッ”ってなるし、もしそこで相手がバランスを崩してくれるようなら、大きな一撃で追撃を加えることだって出来るだろう。

椿の舞が“骨だから早く、骨だから刺さる”みたいな条件下で機能しているかどうかは定かじゃないんだけど、少なくともそういったアドバンテージは持っているんじゃないかな?

硬さはチャクラで固く出来る…ってことならば、あとはスピードの補強だけ。

そういった意味では“骨”というのは、とても強力な武器素材であるといえるのかもしれない!

【スポンサーリンク】