【ハンターハンター】シャルナークの強さと念能力考察!

幻影旅団結成時からの初期メンバーであり、ハンターライセンスの所持者でもあるシャルナーク。

外見がなんとなく可愛いところもあって、幻影旅団内でもファンから人気のキャラクター。

“好青年”という表現がピッタリなんだけど、その能力はなかなかエグかったり。

そこで今回は幻影旅団のシャルナークについて、バトワンなりに考察してみようと思うんだ。

【スポンサーリンク】

シャルナークの強さと念能力考察!

バトワンとしては、シャルナークって全体的に外見に“特徴が薄い”印象があるんだよね。

シャルナークってどこにでもいそうな感じの金髪お坊ちゃんって感じ。

シャルナークTwit
ハンターハンター及びTwitterより引用 シャルナークの外見はこんな感じ。

もしかしたらシャルナークのそんな“どこにでもいそうな感じ”っていうのが、旅団としても扱いやすいのかもしれないよね。

なんというか、潜伏・潜入や諜報活動に関してはかなり得意としていそうな印象を受けます。

「自分はいくらでも代わりがきくけど、能力がレアである団員を失うのは痛手だよ」的な発言をしていることから、幻影旅団に対しての忠誠心はかなり高いような気がする。

シャルナークは基本的に“いいやつ”っていう印象が強いんだけど、今後の展開でどう活躍してくるかがひとつの見所となっているような気がするね。

場合によってはシャルナークがブチ切れたりする場面が今後出てくるかも?

比較的笑顔で対応していることが多いシャルナークだけに、そういった側面も見てみたい!

【スポンサーリンク】

念能力:携帯する他人の運命(ブラックボイス)

オリジナルの携帯電話で他人を操作することが出来る能力。

使い勝手としてはイルミの能力である“針人間”と似たような感じの使い道になってくると思われる。

条件として付属のアンテナを他人に刺す必要があるわけだけど、そういった部分でもイルミの針と共通しているような気がするよね。

また、シャルナークの使用する“携帯する他人の運命(ブラックボイス)”の特殊な点として、自動操作モードの存在があげられる。

基本的には他人を操るのがシャルナークの能力の骨子なんだけど、“自動操作モード”ではなんと“自分を操作して闘う”という仕様になっているみたい。

シャルナークのオーラの量が跳ね上がり、身体能力が格段に増す代わりに、解除後には体にダメージが残る感じになっているのが特徴。

その上戦闘中の記憶は残らないというデメリットもあったりする。

確かにシャルナークって武闘派ではないし、このくらいのリスクを背負わないと戦闘向きの能力に仕上がらないのかもしれないよね。

反応がある影響もあって、あんまり使いたくない能力だとは思うけど、幻影旅団なら戦わないといけない場面は多いと思うし、この能力を搭載しておいたことは正解かもしれない。

戦闘向きで無さそうなシャルナークにいい感じの戦闘能力を与える“自動操作モード”。

けっこう智将のイメージが強いシャルナークだけに、今後の活躍からも目が離せない!

【スポンサーリンク】