【ハンターハンター】ボノレノフの強さと念能力考察!

一瞬、ウボォーギンと戦った陰獣、ミミズとキャラがかぶっているように感じてしまうボノレノフ。

ボノレノフは、住み処を追われた少数部族ギュドンドンド族の生き残りにして舞闘士なんだそう。

キメラアント編でようやく活躍してくれた感じだけど、さすがに実力は本物だったっぽい!

【スポンサーリンク】

ボノレノフの強さと念能力考察!

全身包帯男…というある意味奇抜な出で立ちをしているボノレノフ。

最初は「この包帯を使って戦うのかな?」と思ってたんだけど、結果全然違うところで個性を見せ始めたのが特徴的。

ボノレノフHG
HUNTER×HUNTER ハンターズガイドより引用 ボノレノフの外見はこんな感じ

包帯そのもので戦うわけじゃなくて、包帯の下に隠しておいた体中の“穴”から音を奏で、奏でた音を使って戦うタイプの戦闘スタイルっだったっぽいね。

外見的には不気味な印象を受けるんだけど、幻影旅団のメンバーなだけあって流石に実力が高くて驚いた記憶があります。

正直、もっと弱いと思ってたからねボノレノフ!

で、ボノレノフは念能力の系統として“具現化系”の能力の持ち主。

まーでもこれまで様子を見る限り、念能力をそこまで駆使しなくても充分な強さがあるような気はするんだけどね。

【スポンサーリンク】

念能力:戦闘演武曲(バト=レ・カンタービレ)

ボノレノフの念能力、戦闘演武曲(バト=レ・カンタービレ)。

今のところは序曲(プロローグ)と木星(ジュピター)の2つしか出ていないみたいなんだけど、これから先の展開ではもっと沢山の能力が登場する気がしてならない。

体から奏でる音楽に共鳴して念能力の効果が変わるということは、念能力の追加にはかなり向いている構造になっていると思うんだよね。

ちなみに序曲(プロローグ)は、鎧と槍で武装して攻撃する技で、木星(ジュピター)は木星に模した巨大な球体で敵を押し潰す技。

特にジュピターは強力で、あれほどのサイズのものを具現化するのは相当エネルギーを消費しそうな気がするよね。

逆を言うと、ジュピターほどのサイズのものを具現化出来るくらいの念能力を保有しているなら、他のものを具現化しても相当にスケールの大きな立ち回りが出来そうだ!

巨大な剣を召喚する“剣の舞”みたいな曲も登場してくるかもしれないよね!

これからのハンターハンターで暗黒大陸編が描かれてくると思うんだけど、その際にもきっと幻影旅団は何らかの形で絡んでくるに違いない。

地味なくせにやることはでかいボノレノフの活躍にも、これから期待が高まっていきそうだね!

【スポンサーリンク】