【ハンターハンター】メルエムの強さと念能力考察、キメラアントの王!

グリードアイランド編も充分面白かったんだけど、ハンターハンターが一番面白くなったのはやはり“キメラアント編”ということで異論がある人は少ないはず。

バトワンも最初のほうから読んでたんだけど、やっぱりキメラアント編がダントツに面白かったよね。

そこで今回はキメラアント編のボスであるメルエムについてバトワンなりに考察していこうと思います。

【スポンサーリンク】

メルエムの強さと念能力考察、キメラアントの王!

女王から生まれたキメラアントの王、メルエム。

雰囲気としてはなんだかドラゴンボールのフリーザのような感じもしつつ、もっと冷静で淡々としている印象があります。

バトワンとしてはハンターハンターだとヒソカやクロロ、イルミのほうがメルエムより強いと思ってるんだけど、メルエムが最強!と考えている人も多いみたい。

いや、実際にそれに相応しい強さを持っていたことは間違いないし、あの時点で討伐出来て良かったよね、本当。

討伐時の年齢は生後たった40日と言われていて、その時点でハンター協会の会長、ネテロを撃破したのは相当なインパクトを残しました。

全盛期がいつになるのか?といった点に関しては不透明ではあるものの、もし始末できていなかったとしたらどんどん強力になっていったに違いないだろうね。

【スポンサーリンク】

メルエムの念能力

メルエムの念能力の系統は未だに不明であり、色々な推測が飛び交っているところ。

メルエムは獲物のオーラを食うことで自分のものにできる能力を持っており、食えば食うほどに自らを強くすることができるとされています。

プフーやユピーを食らうことによっても自分の能力を上昇させることに成功しているので、強化系or特質系あたりかなぁ。

雰囲気としては、クロロの相手の能力を盗むといった念能力“盗賊の極意(スキルハンター)”と似ているような似ていないような・・・・といったところなので、特質系の可能性が高いのかもしれない。

とはいえ、キメラアントはそもそも人間ではないため、人間と同じモノサシで測ろうとすること自体が間違いなのかも。

人間的側面も芽生える

メルエムって様々なバトルマンガの敵キャラの中でも“異質”な存在だよね。

敵キャラでありながら、微妙に人間らしい感覚を持ってる。

最初は“おもいっきり悪”って感じで登場したわけだけど、途中から心の変化、行動の変化が見え始めるところなどを考えると、無条件で“敵”とか“悪いやつ”と断定することは出来ないのかもしれない。

価値観の変化や精密な感情の動きなどを表現に入れてくる辺り、冨樫先生は実に巧妙だよね。

メルエムの再登場とかはさすがに可能性が低いとは思うんだけど、放射線による変異などを起こして復活する可能性は超超低確率で起こりうるのだろうか?

今後のハンターハンターの展開が楽しみですね!

【スポンサーリンク】