【ハンターハンター】人間の証明(オーダースタンプ)クロロの新念能力考察その1!

今回のハンターハンターで、更なるクロロの念能力が暴露されさらなる盛り上がりを見せてる感じだよね。

今回はクロロの能力の中から、人間の証明(オーダースタンプ)について考察していこうと思うんだ。

クロロの念能力の根幹となる盗賊の極意(スキルハンター)を使って繰り出せるコンボの中でも、携帯する他人の運命(ブラックボイス)と相性が良いことは間違いない!

【スポンサーリンク】

人間の証明(オーダースタンプ)クロロの新念能力考察その1!

わざわざ能力を説明するのは、現時点では“それが念能力の使用条件”に影響しているものと考えられる。

そして今回の352話でも案の定、念能力の説明をしてくれた。

352オーダースタンプ
ハンターハンター352話より引用 クロロが説明するオーダースタンプ!

上記カットでもそうだけど、ヒソカは基本的に相手の“最大限”を倒そうとする癖がある。

対してクロロは100%勝てると踏まないかぎり戦わない性質を持ってることが判明している。

これらのことを考え合わせると、クロロが人間の証明(オーダースタンプ)を使用した戦闘方法に、いかに自信を持っているかがわかるよね。

そして、後の説明を聞く限り、この能力は案の定、超強力なものであることが判明する!

【スポンサーリンク】

携帯する他人の運命(ブラックボイス)と相性が良い!

以下のカットによって、オーダースタンプとブラックボイスの明確な違いが判明した。

人間の証明352
ハンターハンター352話より引用 オーダースタンプは人形にだけ作用する

上記のカット以降の流れで判明したのは、以下の2点。

  • 携帯する他人の運命(ブラックボイス)で操作できるのは最高2人、人間の意思を変えさせられる
  • 人間の証明(オーダースタンプ)で操作できるの人数はもっと多い、複雑な命令は与えられない

この2点をよく組み合わせて考えてみよう。

しかも戦闘会場はクロロに有利なことに“天空闘技場”なんだよね。

人間の証明(オーダースタンプ)と帯する他人の運命(ブラックボイス)が同時に使用出来るのであれば、観客たちを片っ端から操作することが出来ると思うんだよね。

そして、基本的な動作を人間の証明(オーダースタンプ)に統一することで、「どれが人間の証明(オーダースタンプ)で操られていて、どれが帯する他人の運命(ブラックボイス)で操られているかわからなくする」ことが出来る。

その状態で持久戦を挑み、集中力が切れるor判断のミスが生まれたところで“携帯する他人の運命(ブラックボイス)”で操った人間に決定打を放たせる。

これはあくまで戦い方の1パターンに過ぎないわけだけど、これだけでも充分に相性が良いことが理解できるよね。

これに加えて他の念能力を使用することで、さらに戦いは有利になるはず!

なんなら“これまで説明した能力”については、実際に使わなくても充分に効果を与えるものがあるしね。

「持っていことを知らせておくだけで圧力のある能力」というものが存在するから、今回のクロロの狙いである持久戦になってしまうと、意外にヒソカが不利な部分もあるのかもしれない!

とはいえヒソカもまだ念能力を隠してそうだし、簡単にはやられないと思うけどね!

来週の本格戦闘を楽しみにしたい!

【スポンサーリンク】