【ハンターハンター】次に殺される旅団員は誰?殺戮のパレードはどう続くのか!

クロロに対して勝利するために“殺戮のパレード”ともいわれる旅団狩りをスタートさせたヒソカ。

そして、357話ではあっという間に2名がその犠牲になってしまった。

しかし、これはあくまでその序章に過ぎないはず!

これから続いていくであろう“殺戮のパレード”について、少し思いを巡らせてみよう!

【スポンサーリンク】

次に殺される旅団員は誰?殺戮のパレードはどう続くのか!

まず今回始末されたのはシャルナークとコルトピの2名。

この2名がほぼ同時に襲撃されて、命を落すことになってしまった。

357シャルナーク
ハンターハンター357話より引用 シャルナークがヒソカの餌食に!

シャルナークのあまりに無残な最後。

コルトピも奇襲されたような形でトドメを刺されてしまったみたいだ。

ここで注目しておきたいのは“なぜ彼らが狙われたのか?”というポイントだと思う。

コルトピは“神の左手悪魔の右手(ギャラリーフェイク)”の本来の所有者。

シャルナークは“携帯する他人の運命(ブラックボイス)”の所有者だ。

ここでヒソカが彼らを狙ったのには2つの理由があると考えられると思う。

  • 2人の能力をクロロが使用していることがわかっているから
  • 2人とも非戦闘員に近いポジションだから

クロロの“盗賊の極意(スキルハンター)”は、念能力の本来の所有者が死んでしまった場合、ごく一部の例外を除いて使用できなくなってしまう。

よって、その根本であるシャルとコルトピを消そうとしたのは、大きな理由の一つだと思う。

この2名は“どっちみち消す”って感じで、彼らを狙うのはヒソカの立場になってみれば最も必然な流れだと思う。

でも、ここで気になるカットが1つ登場したことを忘れずにいたい!

【スポンサーリンク】

「旅団はね…」

みんなが気になっているのは以下のカット以降の流れだと思う。

実質的にはヒソカから旅団への挑戦状みたいなものだね!

357ヒソカ
ハンターハンター357話より引用 ヒソカは旅団を全員襲うつもりっぽい

ぶっちゃけ“警告せずに黙ってやればいい”とも思ったんだけど、これはヒソカ的に美学が許さない感じなんだろう。

だからマチを念で縛り付け、伝言役とて活かした。

要するに「次に会ったらマチもヤる!」ってことなんだろうね!

次にヒソカに殺されるのは?

さて、ここで最も気になる“次にヒソカに殺されるのは?”といったポイントに触れていきたい。

これまでの傾向を見る限り、シャルナークとコルトピは“クロロに能力を渡していた所有者”でありながら“補助系の能力者”という側面を持っている。

そうなってくると、次に狙われるのはやはり戦闘に向かない非戦闘員ということになっていくだろう。

弱い順に各個撃破するのは鉄則だよね。

次に狙われる候補として最も危険であると思われるのが以下の2名。

  • マチ
  • シズク

マチに関しては念糸縫合で味方の傷を治療できる能力で厄介だし、シズクに関してはデメちゃんで吸い込むような能力なので、厳密には戦闘員とは云い難い、

また、シズクに関しては、シャルナーク同様“死の予言”が出ているのもポイントだ!

シズクHG
HUNTER×HUNTER ハンターズガイドより引用 シズクの外見はこんな感じ

この2名に関しては、フィンクスやフェイタンと比較してかなり狙いやすいに違いない。

マチはまだ“伝言役”という側面があるし、ヒソカとは個人的な仲でもあった経緯があるから、いくぶん死亡フラグが柔らぐ。

となると特に危険なのはきっとシズクだよね。

いつ“シズクが死んだ”というニュースが飛び込んでくるかわからないから、この辺りは心して待ちたいところだ!

【スポンサーリンク】