【バトワン】今後の方針と著作権、考察サイトの在り方について。

多くの方から励ましのお言葉を頂き、心強く思っております。

ブログ開設時からの執筆方針として「単なる全容公開のようなネタバレは行わない」という点をずっと徹底してきましたが、必要性に応じて画像の引用を行っていることもあり、ナイーブな問題です。

一晩寝ずに考えた結果、いくつかの結論に至りましたので、ご報告させて頂きます。

今後の方針と著作権、考察サイトの在り方について。

いくつかのサイトが自主閉鎖などを行うことで「マンガ×インターネット」の関係に緊張と萎縮が走っています。

結論として「バトワンブログは継続し、よりクリーンに考察サイトとしての在り方を追求していく」という方針で進めていこうと思っています。

個人の「感想・批評・予想・感想・考察」であること

当ブログはご存知の通り、個人の「感想・批評・予想・感想・考察」などを扱うブログです。

全ての文章にバトワン個人の主観や考えが宿ることを前提とした構造となっているため、最新話の全容を知るための「ネタバレサイト」とは違う枠組みに入ります。

これまで賛否両論の雨の中、この方針で文章を執筆してきました。

当初より、法律・著作権・引用の要件については過剰なまでに意識を払ってきたつもりです。

今回のニュースを見て「閉鎖」の二文字も脳裏をよぎったのですが、ここで不用意に萎縮してしまうことは、ささやかながら「言論の自由」の観点から見て逆に良くない側面もあることが見えてきました。

これが、ブログの継続を決断した大きな動機になります。

先日各方面に問い合わせ専門家の見解を求めたところ、正式な発売日の後に引用の要件を満たしながら「大好きなマンガを読んだ感想を書くこと」は問題ないと判断されます。

しかし。

それは「引用と記載すれば何をやってもOK」ということにはなりません。

これらの要素を踏まえ、これまで以上に気を引き締めて法律・著作権・公衆送信権等について意識を高めていかなくてはならない…と、ふんどしを締め直した次第です。

今回抱いた不安の根幹は「考察サイトとネタバレサイトの明確な線引き」であり、この問題について再び深く考えさせられる機会になりました。

より一層クリーンな考察サイトにしていくために

バトワンの文章は当然ながら全てオリジナルであり、1文字1文字手動でタイピングを行なっております。

主義・主観を交えて考察を入れているので読みづらい部分もあるかもしれませんが、そんな一個人の感想や意見を楽しみにしてくれる方もいらっしゃることもあり、より一層クリーンなサイトにしていきたいと考えております。

具体的には、以下の要素についての対応を行なっていきます。

  1. 本誌発売前のネタバレに「触れる恐れ」のある記事についての対処
  2. これまで執筆してきた記事の引用必然性のチェック
  3. 新規執筆記事の更なるクリーン化

特に重要なのは①の項目だと考えています。

これまで当ブログは“本誌発売日前に全容がわかるネタバレ”は画像・文章共に扱ってきませんでしたが、チョイ見せ(公式)やネット上に先行して出回るウワサ話を参考に独自の意見や感想を交えた考察文章は執筆してきました。

今後はこういった類の記事の精査をさらに徹底・明確化し、より独自性・オリジナリティの高い文章を執筆していけるべく、拙い文章力を磨いてゆきたいと思います。

多くのマンガファンの皆様との「一緒に読んでる感」を大切にする、ひとつの考察ブログとして、一歩一歩謙虚に進んでいければと考えております。

これからも“個人の考え”としての記事考察は元気いっぱいに行っていくのと同時に、これまで執筆してきた記事の総点検も行なっていきます。

何卒、よろしくお願いいたします。

※免責事項:当ブログについて(出版社様・権利保有者様へ)