【フェアリーテイル】ジェラール・フェルナンデスの強さと人物像考察、楽園の塔の支配者!

楽園の塔の支配者、ジェラール。

今回はジェラールについて考察しながら、理解を深めてみたいと思うんだ。

フェアリーテイルはまだ1回しか通しで読んでないから、他と比べて見落としがあるかも!

【スポンサーリンク】

ジェラールの強さと人物像考察、楽園の塔の支配者!

元々は正義感の溢れる少年だったジェラールだけど、捕らえられたエルザを救出する際に身代わりとなってしまい、ゼレフによって洗脳を受けてしまった。

ある意味では非業の運命を辿ってしまった人物であると言えるんじゃないかな!

以降は自身に逆らったエルザを外界に放つことと引き換えに、楽園の塔建設に注力することになる。

ジェラール56
フェアリーテイル56巻より引用 ジェラール・フェルナンデスの外見はこんな感じ!

彼の最終目的は、Rシステムを発動させてゼレフを蘇らせること。

戦闘能力としてはかなり強力ではあるうえ、目的のためには手段を選ばない冷徹さも兼ね備えているため、敵に回してしまうとめちゃくちゃ厄介な印象を受ける!

最終的にはエーテリオンを吸収したナツのドラゴンフォースの力の前に敗れてしまったものの、その実力は現在でも一応トップクラスと戦えるレベルなんじゃないかな!

また、前作のRAVEから引っ張ってきているキャラクターということもあって、読者からの人気もかなり高いみたいだ!

【スポンサーリンク】

天体魔法の使い手!

ジェラールの魔法に関してはまだまだ知らない部分、考察不足の部分もあるから、少し調べながら確認していく方法を取った。

天体魔法、真・天体魔法などを駆使して闘う戦闘シーンの迫力はかなりのもだったといえるだろう!

流星の如き高速の移動を可能とする“流星(ミーティア)”や、隕石に匹敵する破壊力を持つ7つの衝撃波を発生させる“七星剣(グランシャリオ)”など、強烈なインパクトを持つ魔法が多い!

どのバトル漫画でもそうだけど、隕石とか天体を扱うレベルになってくると、もはや表現としては“天災レベル”と言っていい次元に到達していると思う。

いや、むしろ“超破壊兵器クラス”と表現してもいいのかもしれないね!

独立ギルド:魔女の罪(クリムソルシエール)

ちなみに前後が逆転しちゃうけど、ジェラールは“魔女の罪(クリムソルシエール)”のリーダー格としても有名だ!

クリムソルシエールは小規模のギルドだからギルドマスターは特に存在していないわけだけど、実質のリーダーはジェラールであることは間違いなさそう。

小規模だからこそ小回りが利くような側面もあると思うし、色んな意味で今後も要注意の人物、またはギルドであることは間違い無さそうだね!

【スポンサーリンク】