【フェアリーテイル】ジュラ・ネェキスの強さと人物像考察、聖十大魔道の一角!

聖十大魔道の一人“岩鉄のジュラ”

ホットアイにはジャガイモに似ている的なことを言われてたけど、実力は確かなことは間違いない!

今回はそんなジュラ・ネェキスの強さと人物像について考えていきたいところだ!

【スポンサーリンク】

ジュラ・ネェキスの強さと人物像考察、聖十大魔道の一角!

ジュラ・ネェキスという男。

この男はスキンヘッドで大柄であり、魔法使いというよりは武道家のように見える。

しかし、聖十大魔道というだけあって幅広くその名を轟かせており、岩や大地を操る魔法を使用することで有名だ!

ジュラ17
フェアリーテイル17巻より引用 ジュラの外見はこんな感じ!

六魔将軍(オラシオンセイス)討伐の際に連合に参加するものの、エンジェルの命令を受けたジェミニによって刺されてしまい意識を失ってしまっていた。

目を冷ましてからはニルヴァーナの影響で反転して改心したホットアイと共に行動し、ブレインと交戦するに至る。

バトワンが今のところ一番気に入っているニルヴァーナ編の重要人物であり、彼なくしては対六魔将軍(オラシオンセイス)の戦いは勝利とは言いがたい悲惨な結果になっていたかもしれないよね!

土魔法を使用する辺り、属性としては大地絡みの魔法を得意としていそうで、ウォーロッドとかとも相性がいいのかな?とか思ってしまう!

【スポンサーリンク】

土魔法がなかなか魅力的!

炎や風、あるいは氷の魔法は大人気なんだ。

また、電撃も人気のある属性であるといえるだろう。

しかしそんな中、どうしてもなかなか人気が出にくい属性がある。

そう、それこそが“地属性”だ!

でも、ジュラ・ネェキスの土魔法はなかなかに強力なものばかりであることがよくわかる!

  • 岩鉄壁(がんてつへき)
  • 覇王岩砕(はおうがんさい)
  • 巌山(がんざん)
  • 鳴動富嶽(めいどうふがく)
  • 崖錘(がいすい)

全体的に地味に感じる“土魔法”の属性なんだけど、ジュラほどの魔道士が使用すると話が変わってくるよね。

特にバトワンとしては崖錘(がいすい)とかは面白いような気がした。

地面を複数の柱のように隆起させる事ができるわけだけど、考えてみれば地面とは“足場”なんだよね。

例えばシーソーの上でバランスが取れないのと同じように、地面をグラグラと不安定にすることが出来たりすれば、かなり戦いにくいことは間違いないだろう!

地下水脈に岩石をぶち当てたりして、沼のようにドロドロな地形にすることだって出来るかもしれない!

戦闘面においてはイマイチ鈍重に感じてしまう魔法ではあるものの、場を支配するという点においては最強なのは“地属性”なのかもしれないね!

【スポンサーリンク】