【フェアリーテイル】フリード・ジャスティーンの強さと人物像考察、雷神衆の隊長を名乗る男!

“暗黒のフリード”の異名を持つフリード・ジャスティーン。

若干20才でありながら、非常に優秀な能力を持っている人物であると言えるだろう!

今回はそんなフリードについて、バトワンなりに考察を入れていきたい!

【スポンサーリンク】

フリード・ジャスティーンの強さと人物像考察、雷神衆の隊長を名乗る男!

ラクサスを崇拝することにより“雷神衆”を組織し隊長を名乗るに至った。

ラクサス自体もバトワンは結構好きだし、フリードもわりと好きなキャラに分類できる感じだと思う!

彼自体はあまりギルドに顔を出さないけど、顔を出した時は結構活躍してる印象があるかもね。

24フリード
フェアリーテイル24巻より引用 フリード・ジャスティーンの外見はこんな感じ!

S級試験ではビッグスローとタッグを組んで立ち回っていたフリード。

その際はカナ&ルーシィにわざと負けてあげたりと、ギルド想いな一面を見せてくれたのが印象的だったよね。

クールな印象が強くギルドにもあまり顔を出さないのとは裏腹に、仲間を大切に思う姿勢はちゃんと持っているところが裏付けられたんじゃないかな!

ちなみにギルドではギルダーツやミストガンに次いで謎の男と呼ばれているのだそう。

【スポンサーリンク】

バトル・オブ・フェアリーテイルにて

バトル・オブ・フェアリーテイルでは、術式魔法を用いて大立ち回りを演じるもミラジェーンに圧倒され背に喪失。

わりとテクニカルな魔法の使い手であり“術式魔法”“闇の文字”が彼の代名詞となっている!

術式が刻まれた範囲に入った者にあらゆるルールを課すことが出来る“術式魔法”は、設置に時間がかかる反面、効果は絶大だ!

また、文字魔法の一種である“闇の文字(やみのエクリテュール) ”は、相手に“痛み”“苦しみ”といったダメージを与えることが可能。

さらには自分の肉体強化も出来るといった点で、わりと万能魔法の部類にカウント出来るかもしれない!

S級でも通用する戦闘レベル!

エルザによるとフリードは、S級でも通用するほどの戦闘レベルを持っているのだそう。

あのエルザを持ってしてここまで言わせるとは相当の実力者であることは間違いないね!

実際に術式魔法の万能感と、闇の文字の効力は相当だし、戦い方次第では本編以上の立ち回りができてもおかしくないかもしれない!

特に術式魔法に関しては、どちらかというとサポートで能力を発揮してきそうな感じだしね。

みんなでフリードを守りながら立ちまわって時間を稼ぎ、術式魔法を発動する…といった流れで立ち回るのは、特に黄金パターンの戦い方であるといえるんじゃないかな!

【スポンサーリンク】