【フェアリーテイル】ホットアイの強さと人物像考察…デスネ!またはバーソロミューくまについて。

六魔将軍の一員、ホットアイ。

彼の異名は“天眼のホットアイ”とされ、相手の動きをすべて見通す能力を持っている!

これは…強い!

【スポンサーリンク】

ホットアイの強さと人物像考察…デスネ!

ホットアイの考察をするにあたって色々なサイトを見てみたんだけど、正直超・わかりにくいのばっかりだった。

デスネデスネを連呼していて内容が読み取りにくくになっているものもあったり、誰が編集したんだろう?って感じ。

よって、以下にできるだけわかりやすく、ホットアイについてわかることをまとめながら考察していきたい!

ホットアイ
フェアリーテイル16巻より引用 ホットアイの外見はこんな感じ

ホットアイは“守銭奴”だ。

守銭奴というのは“金銭に対する欲が強く、ためることだけに執着する人”のこと。

ホットアイは極度の守銭奴で、金さえ積めば国軍とも戦争を起こす程、お金が大好きなタ性格をしている!

とはいえ彼が金に執着していたのは“生き別れた弟・ウォーリーを探すため”なんだそう。

ジュラとの交戦以降、ニルヴァーナの影響で改心するに至った。

また、彼は“リキッドグラウンド”という、地面を柔らかくして操る魔法を使用できることでも有名だ!

これもなかなか強力で、敵に回したくないレベルはかなり高めに位置づけられる感じなんじゃないかな!

【スポンサーリンク】

バーソロミュー・くまと似ているという意見について

また、ホットアイに関しては、ワンピースの“バーソロミュー・くまと似ている”という意見が多いみたい。

いや、これは流石にバトワンも似てるかも?と脳裏をよぎったことは自白しておきたいところだ!

ちなみにバーソロミュー・くまの外見はこんな感じ!

50くま
ワンピース50巻より引用 七武海のバーソロミュー・くまの外見はこんな感じ

まぁー、正直似ているよね。

ホットアイが手に持っている本と、くまの持ってオイル聖書とか酷似だし、外見的特徴は正直そっくりだ。

でも、ちょっと一旦落ち着いて“パクリとは何か?”について考えてみたい。

似ている=パクリではない!

温故知新という言葉を知っているだろうか?

平たく言うと“古い知識を現代に応用して、生かしていこう”みたいな考え方。

で、漫画の世界も同様だけど、様々なアイディアや工夫が引き継がれて今に至っていると思うんだ。

外見的なデザインは確かに似ている部分はあるけど、キャラクター性とかをみたら全然違う感じだし、似ていると言ってもあくまで“モチーフ”とかそのくらいのレベルじゃないだろうか?

だとしたら、これはパクリと呼べるものじゃないと思うんだよね。

いや、むしろ読者が脳内で“しっかりと切り分けて理解していく”ことが大事なのかもしれない!

他のイメージに引っ張られてしまいすぎると、本来の物語を楽しめなくなってしまう。

芸術というのは創作者の問題でもあるけど、同時に受け手の問題でもあると思うんだ。

あまりにも超・露骨なテンプレ展開はアレだけど、真島先生は結構テクニカルな工夫を入れてきてる印象があるし、これはパクリと言うより“ファンへのサービス精神”みたいな感じでキャラ立てしてくれたのかもしれないね!

【スポンサーリンク】