【フェアリーテイル】ミストガンの強さと人物像考察、またはエドラス世界について。

ナツたちの住むアースランドとは別の世界、エドラスにおけるジェラールこそ、ミストガンだ。

エドラス世界は、フェアリーテイルにおけるパラレルワールドみたいな感じだと解釈すると良いだろう!

今回はエドラス世界におけるミストガンについて考察しながら理解を深めていきたい!

【スポンサーリンク】

ミストガンの強さと人物像考察、またはエドラス世界について。

パラレル世界のジェラールということで、やっぱり外見はそっくりそのまんま。

イケメン度合いも全くと言っていいほど遜色ない!

いや、若干だけどミストガンのほうがちょっとかっこいいような気もしないでもない。

このあたりは主観とか感じ方の問題かな?

ミストガン23
フェアリーテイル23巻より引用 ミストガンの外見はこんな感じ!

パラレル世界の住人というだけあって、ジェラールと外見はほぼ同じ。

これが影響して、ジェラールがミストガンに変装するなどといった展開に発展したこともある!

このあたりは“同じ存在が2人”といった感じの流れに突入していることも相まって、非常に難解でテクニカル、とても面白く読める部分なんじゃないかな!

当然ながらミストガンの実力もジェラールと同様に高いようだ!

【スポンサーリンク】

パラレルワールドという世界観

パラレルワールドという世界観は、現実では“エヴァレットの多世界解釈”とかで有名だよね。

多次元宇宙とかひも理論とか、そっち系にも繋がってくるところなのかな?

ともかく“とある世界と並行した世界が、別の次元に存在する”といった概念がパラレルワールド。

たとえばあなたが道を歩いていて、その道が左右に分かれているとしよう。

この時、あなたは“右の道へ進む未来”“左の道に進む未来”の分岐点にあるわけだよね。

現実には“右の道に進む未来を選んだ時点で左の道へ進む未来は消滅する”ってことになる。

でも、パラレルワールドの考え方ではこの時“左の道に進む未来は知覚できないだけで別の時空に存在する”みたいな感じで捉える感じなんだ。

つまり、パラレルワールドは無限に存在する…って感じの考え方。

フェアリーテイルの世界観におけるパラレルワールドは少し違うかもしれないけどね!

根拠としては以下。

一夜35
フェアリーテイル35巻より引用 イチヤは人間、ニチヤは猫!

パラレルワールドなのにもかかわらず、イチヤは人間、ニチヤは猫になっちゃってるし、どこかで“進化を間違えた”みたいな流れにでもなったんだろうか?

ともかくこの人間と猫という“種の違い”があるってことは、エドラス世界は実際に考えられているパラレルワールドとはまた違う感じなんだと思う!

現実離れしてしまうのは少しだけ残念だけど、これはこれで夢があって良いね!

【スポンサーリンク】