【ブラッククローバー】第58話「水の娘成長物語」確定ネタバレ&感想!

前回のエピソードでは、謎の少女が崖の上で歌っている…というところで、物語が終わりました。

で、今回はその続き。

バトワンとしても“幻想的な感じかな?”と思ってたわけなんだけど、この少女、58話を読む限りなんかおかしいんだよね。

【スポンサーリンク】

第58話「水の娘成長物語」確定ネタバレ&感想!

少女の歌に気付いたアスタとノエルなわけだけど、少女もまた2人に気付くことに。

彼女は超ハイテンションでアスタとノエルに近づいてきて「私はカホノ!あなた達は〜?」などと急に親密にしてくる感じ、怪しい。

以前、魔法騎士団団長会議に、白夜の魔眼の三魔眼・不実のライアさんが変身魔法で紛れ込んでいたわけだけど、まさかライアさんが変身して2人に接してるわけじゃないよね?

カホノ58
ブラッククローバー58話より引用 カホノと名乗る少女はアイドルを目指しているらしいが…

自己紹介の流れで自分の夢を語ってくれたカホノだけど、もしこれ中身がライアさんだったらヤバいぞ!

結構キモ展開っぽい気もしてくるかもしれない!

魔法のコントロールの鍵を教わる

と、冗談はさておき、カホノからノエルに対して魔法のアドバイスが施されます。

あとで出てくるんだけど、これも何か理由があって教えたっぽい?感じがするんだよね。

1カホノ58
ブラッククローバー58話より引用 魔法のコントロールの鍵を教えるカホノ

教えると言ってもあくまできっかけを与える感じだけど、要約すると“優しい記憶”を元に魔法を使うとうまくいくんじゃないか?ということ。

とはいえノエルは王族の中でも魔法コントロールの素質が少なかったみたいで、過去を振り返ると、嫌な記憶ばかりが蘇ってくるみたい。

【スポンサーリンク】

励ますアスタと、ノエルの優しい記憶!

そんな中で葛藤するノエルを励ますアスタ。

必死で頑張っているノエルに対し、思い切って「魔力を開放させろ」とアドバイスします。

暴発するノエルは自身の放った魔力に押しつぶされそうになりますが、そこに黒の暴牛の面々が到着。

貴族や家族の中に、優しい記憶はなかったけど、黒の暴牛の中にそれを見出すことで、魔力のコントロールになんとか成功します。

思い出58
ブラッククローバー58話より引用 黒の暴牛に優しい記憶を見つけたノエル

うん、最もナチュラルというかオーソドックスな流れだね!

こういう展開は結構わかりやすくて良いような気がする!

水創世魔法“海竜の揺り篭”に成功!

で、ここから先がまた意味深!

海竜の揺り篭に成功したノエルと、それを受け止めたアスタ。

黒の暴牛の面々も調度良く揃ってこれから海底神殿に出発!という流れ。

でも、ここで怪しいカットが残されることに…。

待ってるね58
ブラッククローバー58話より引用 神殿の奥で待ってる…だと?

カホノがなぜ黒の暴牛の行動を知ってるんだろう?

カホノはなぜ海底神殿に単身で向かえるんだ?

上記のカットは、ちょっと様々な疑問が一気に吹き出す一コマだよね!

もはや“カホノはライアさんの変身魔法を使ったあとの姿”で、“空間魔法のヴァルドスの手を借りて海底神殿に向かった”という気しかしなくなってきた!

まさかこんなに直近であの伏線が回収されるのは考えにくいけど、それでも可能性としてはゼロじゃない。

果たしてライアさんに女装癖は有るのか無いのか?

次号のブラッククローバーは本線以上にそんな疑惑が気になって仕方ない!

【スポンサーリンク】