【ブラッククローバー】第59話「海底神殿」確定ネタバレ&感想!

前回のエピソードでついに水創世魔法“海竜の揺り篭”のコントロールに成功したノエル。

今回は覚えたての魔法を駆使してマナの渦巻く海底神殿を目指します。

59ノエル
ブラッククローバー59話より引用 海竜の揺り篭の規模がでかい!

かなりのサイズの海水をコントロールしてるね、ノエル。

これはやっぱり「さすがは貴族」って感じなのかもしれない。

団長に褒められて嬉しそうなノエルは神経を集中し、黒の暴牛一行を乗せて海底神殿を目指しました。

【スポンサーリンク】

第59話「海底神殿」確定ネタバレ&感想!

海底へ向かう様子は和気あいあいのギャグ展開。

バネッサが船酔して吐きそうになったり、チャーミー・パピットソンが深海魚を追い回そうとしたり…。

まぁ、このあたりのカオスっぷりはいつもの黒の暴牛って感じ。

立ちふさがる大渦

そうこうしながら進んでいき、海底神殿はもう目前。

しかし、海底神殿周辺は魔法による大渦が勢い良く渦巻いており、簡単には近づけない様子。

「あの渦を切ってこい」といった感じで命令するヤミ団長に対し、「オレ泳げません」と返すアスタ。

とはいえ、これで「そうか、わかった」とはならないのがヤミ・スケヒロという男だよね。

魔力っぽいのを纏った腕でアスタを力いっぱい大渦に向けて投げつけます。

海中に投げられるアスタ59
ブラッククローバー59話より引用 渦に投げつけられるアスタ

出た出た、アスタの変顔。

やっぱり1話に1回くらいはこの顔が出てこないとね!

今回は口から空気を吹きながらの勢い良く突撃し、ギリギリで大渦を寸断するアスタ。

記憶プロテクト魔法の解除といい、大渦の結界(?)の解除といい、アスタの断魔の剣は本当に便利だね!

【スポンサーリンク】

海底神殿に到着!

で、後半は無事に海底神殿に到着。

いつもながらなんだけど、田畠先生の描き込み量は半端ないね!

特に景色の迫力はすごい!

59海底神殿
ブラッククローバー59巻より引用 海底神殿の描き込み量に注目!

上記カットに関してもかなりペンを入れている感じが、こだわりを感じてイイね!

アスタ達が到着すると海底神殿には充分な空気があり、人びとも結構平和に暮らす集落みたいな感じ。

前回登場した“アイドル志望のカホノ”のまた、この集落の出身なのかもしれない。

海底神殿周辺の人たちは、黒の暴牛に対してなんだか友好的な印象を受ける。

59海底神殿2
ブラッククローバー59巻より引用 なぜか人気者っぽくなる黒の暴牛!

上記カットを見てもわかる通り、「外の世界から来た人が珍しくて興味津々」って感じなのかもしれないね。

きっとずっとこの海底で過ごしてきたから、外の世界のことを何も知らないんだろう。

なんというか無邪気で、とても人なつこい感じを受ける。

海底神殿の主、大司祭登場!

友好的な村人たちから、海底神殿の主を聞き出すヤミ団長。

黒の暴牛は村人の情報を元に、神殿というか葬祭殿みたいなところへ向かいます。

途中、謎の巨大魚みたいなのが出てきてマグナ達に瞬殺されたけど、結構迫力だった。

謎の巨大魚59
ブラッククローバー59話より引用  マグナ達に瞬殺された謎の巨大魚

ほぼ1ページまるまる使って登場した巨大魚なのに、次の1ページで瞬殺。

果たして登場する意味があったのかは不明なんだけど、迫力画であることは間違いないよね!

あとで発覚したんだけど、この巨大魚は大司祭の魔法で生み出されたものなのだそう。

奥で待ち構える人影。

その人物こそが、海底神殿の大司祭でした。

アスタたち黒の暴牛を発見すると、なぜか唐突に「ちーっと遊ばんかい?」と持ちかけてくる大司祭。

海底神殿の大司祭59
ブラッククローバー59話より引用 唐突に遊ぼうと持ちかける大司祭

え?え?なんだこのお爺さんは…。

海底の民だから村人と同じように人懐っこいだけかもしれないんだけど、それにしても脈絡がなさすぎる。

このお爺さんの目的は一体何なんだろうか?

超展開につぐ超展開だった今回のブラッククローバー。

だんだんギャグ漫画になってきつつある気がしてならないぞ!

最近は「次はどんな超展開がくるのか?」という、謎の期待まで生まれ始めてしまっている!

この爺さんの目的、あまりにも唐突な提案。

次回のブラッククローバーのめくるめく展開に刮目したい!

【スポンサーリンク】