【ブラッククローバー】第67話「絆」確定ネタバレ考察&感想!

くそう…前回まではいい感じだと思ってたのに、なんだかブラッククローバーがまた、ギャグ漫画に戻ってきてしまった気がする。

画力は高いから、キアトのカホノの過去とか盛り込んでいってくれれば、もっと感情移入できるんだけどな!

でも、ギャグ漫画として見れば、それはそれで面白いから、どっちみちブラッククローバーは嫌いじゃない!

【スポンサーリンク】

第67話「絆」確定ネタバレ考察&感想!

前回はグレイのあまりの可愛さに悶絶した読者が多いと思う。

そして今回は、絶望のヴェットと大司祭がチョイチョイ笑わせにくるから要注意だった!

いや、むしろ全話までの流れを踏まえると、笑いの鉄則“緊張と緩和”をうまく使いこなしてるって感じかもしれない!

67ヴェット
ブラッククローバー67話より引用 ヴェットはやっぱり戦うのが楽しいみたいだ!

ブラッククローバーには“戦闘狂”キャラが多く登場するけど、ヴェットもその一人って感じかもしれないね!

今回のヴェットからも「とにかく絶望させたいなぁ、あと戦いたいなぁ」といった雰囲気がムンムンと漂っていた気がする!

諦めずに突っかかってくるアスタを一撃のもとに払いのけ、圧倒的な実力を見せるヴェット。

これまでは“気合”ひとつで不自然展開も補正されてきた気がするけど、今回はちゃんとリアルに壁にぶつかってくれてる!

この辺りは現代マンガっぽくていい感じだ!

夢があるから敗けれらない!

キアトはダンサー、カホノは歌手になって有名になりたい。

そういった夢を抱いて過ごしてきたんだね。

バトワンは「お、過去のエピソードくるかな?」と期待してたんだけど、残念ながらそういうのは無かった。くー!

67キアトカホノ
ブラッククローバー67話よりより引用 立ち上がったキアトと連携するカホノ。

夢とか希望とか、絶望とか恐怖っていう直接的な単語を用いずに芸術表現が出来れば、もっとブラッククローバーは良くなると思うんだけどなぁ。

しかしともあれ、この場面はなかなか感動的!

強い意思を持って立ち向かうキアトとカホノは“合体魔法・海神降ろし”を使用してヴェットに立ち向かう!

相当な覚悟と気合の元に放たれた超魔法がヴェットを襲う!って感じだ!

しかし、ページをめくった瞬間、口に含んでいたコーヒーを吹いてしまった。

【スポンサーリンク】

ヴェットの変顔が炸裂する!

気合充分の必殺魔法!

さてどうなる!?といったところで、突然ヴェットの変顔が炸裂する!

ヴェット67
ブラッククローバー67話より引用 ヴェットの変顔が炸裂!

これだけ緊迫したシリアスな場面を続けている最中、ページをめくった瞬間これはズルいですよヴェットさん…。

「それがどうした?」じゃない!

むしろ「お前がその顔どうした!?」っツッコみたくなってしまう!

これを見て笑わずに済んだ読者ってさすがに少ないんじゃないかな?

わりとシリアスなヴェットさんを使って絶望芸を見せつけてくるとは…でもこれは新しいジャンルの笑いの開拓といえるかもしれない!

カホノを助けるために

しかし、この“絶望ギャグ”を皮切りに、ヴェットの猛威は加速、カホノが吊るしあげられてしまう。

こうやって見ていると、ヴェットの強さは本当に作中最強レベルかもしれない!

  • マグナ&ラックの合体魔法“炎雷爆尽砲”を受けてほぼ無傷
  • キアト&カホノの合体魔法“海神降ろし”を受けてほぼ無傷
  • アスタを赤子のようにあしらう
  • 大司祭のお爺ちゃんが半泣きで放った“遊戯魔法・怪物玩具”をお遊びレベルと評価

ここまで強力なヴェットに対し、最後はノエルが立ち向かう!

ノエル67
ブラッククローバー67話より引用 カホノのために頑張るノエル!

さて、これまで尽くの魔法を受けて“ほぼ無傷”だった絶望のヴェットさんだけど、次回には決着しそうな雰囲気だ!

これまで“ほぼ無傷”だったわけだから、さすがにノエル1人の魔法あいてに“即敗北”するような不自然な展開にはならないと思うけど、いい感じの熱い戦いを期待したいところだね!

もしノエルが次の攻撃魔法1発でヴェットを倒してしまったら…アスタ・ラック・マグナ・キアト・カホノの5人よりも火力が上ってことになるから、さすがにそのような無理設定はつくらないと思う。

“神殿が震えて…”的なコメントが出ていたし、壁とかを破壊して生き埋めにする感じかな?

来週のノエルの立ち回りが気になるところだ!

【スポンサーリンク】