【ブラッククローバー】124話「ヤンキー先輩vs筋肉チビ」確定感想&考察!

今週も絶好調で盛り上がっているブラッククローバー。

ここ最近のブラクロの面白さは一気にアップしてきていて、本当に良い感じなんじゃないかな!

アニメ化も控えていて、一層勢いに乗っている感じなのかも!

ってことでこのページでは、124話の感想&考察に触れていきたい!

【スポンサーリンク】

124話「ヤンキー先輩vs筋肉チビ」確定感想&考察!

今回の124話で…というか、ここ最近のブラクロの展開で最も気になっているのが以下のゾラ&キルシュのやりとり。

2人とも相当にキャラクターが立っていることもあり、やり取りを観察すればするほど面白いよね!

以下のカットではキルシュ・ヴァーミリオンを「クソナルシスト馬鹿」呼ばわり!口悪いなゾラ!!


ブラッククローバー124話より引用 キルシュを「クソナルシスト馬鹿」呼ばわりするゾラ!

まぁ、これくらい口が悪いと逆に清々しくて好きだけどね!

以下、キルシュもキルシュでめっちゃ鼻血出しまくりな感じだったし、さらには大量の落石で生き埋めにされてしまう始末。

ゾラは“貴族様”にかなりの恨みを抱いているようだったし、今回ばっかりはキルシュはマズい相手にまけちゃったね…!

【スポンサーリンク】

マグナと野球を始めるアスタ!

ちなみに作中中盤では久々のマグナvsアスタが描かれたのが面白かったと思う。

最初に出会った時に行なった“洗礼の儀”のときのリベンジとばかりに、極殺消滅魔球を投げるマグナ。

消える魔球なんだってさ、今回の新しい魔法は!


ブラッククローバー124話より引用 極殺消滅魔球を構えるマグナ!

魔力が豊富で大魔法をバカスカぶっ放せる貴族とは違い、下民であるマグナは技巧派で攻める他なかったとのこと。

たしかにそうだね、逆にこういうテクニカルなやり方なら、格上相手にも一発入れることが出来るかもしれない!

途中からは千本ノックみたいな感じでアスタVSマグナのバトルが展開されまくっていた!

このあたりは第三者介入がほぼ無かったからややギャグっぽかったけど、それはそれでブラクロの良さが活きる展開となっていたと思う!

ちなみに今回のラストではキルシュが復活&到着したものの、ゾラが「出来た…」と何かを完成させる展開に…。

せっかく復活&到着したキルシュ・ヴァーミリオンに、再び“罠にかかるフラグ”が立ちまくった感じだ!

復活してそうそう再び罠にかかってくれたらギャグなんだけど、さてどうなるだろうか!

この2人のやりとりはここ最近で最も注目している展開なだけに、次回の125話が待ち遠しくてならない!

【スポンサーリンク】