【ブラックラグーン】ロック(岡島緑郎)の強みと人物像について考察してみよう!

いやー、一時期ハマったなぁ!ブラックラグーン!

アニメ版でずっと見ていたんだけど、これは名作だと思う。

ヨルムンガンドと対比されることがあるみたいだけど、バトワンはブラックラグーン派かな!

【スポンサーリンク】

ロック(岡島緑郎)の強みと人物像について考察してみよう!

今回はブラックラグーンの主人公、ロック(岡島緑郎)について考察してみよう。

彼は元々東京で働く普通のサラリーマンだったわけだけど、訳あって無法者の街・ロアナプラに流れ着く。

そこでラグーン照会に勧誘され、仲間のレヴィやダッチたちと行動をともにしていく…といった感じ。

ちなみにロックの外見は以下だ!

ロック
ブラックラグーン及びyoutubeよりキャプチャにて引用 ロックの外見はこんな感じ 

初期のロックはなかなかヘタレ感がMAXって感じだったんだけど、だんだんその潜在能力がロアナプラで開花していく感じ。

戦闘面では最後の最後までからっきしだけど、彼の強みは“類まれなる交渉力”といえるだろう!

日本人特有の几帳面で神経質な観察眼を持っていることと、ロアナプラで無法者を相手に立ちまわっているうちに“黒い戦略”と呼べるような立ち回りを身に着けていく。

別に闇堕ちするわけじゃないだけど、最初の頃と比較するとだんだん“倫理観が壊れていく感じ”がするのは否めない!

ロックの成長というか、変化のような点はブラックラグーンの見どころの一つだよね!

【スポンサーリンク】

レヴィとの関係

ブラックラグーンのヒロイン役ともいえるレベッカ・リー。

ロックといえば彼女との関係が有名だろう。

最初のうちはわりと犬猿の仲だったわけだけど、徐々に打ち解け恋愛関係に近づいてきている感じ。

2人の関係・距離感とかも結構ワクワクしながら見ていたのが懐かしい!

シガーキス
ブラックラグーン及びyoutubeよりキャプチャにて引用 ロックとレヴィの有名なシガーキス 

ロックとレヴィといえばこのシガーキスが超有名だよね!

初期の頃からロックのことを“ホワイトカラー”と半分蔑んでいたレヴィだけど、この辺りではある程度心を許し始めている段階だといえると思う。

日本人らしい倫理観を持つロックは、良くも悪くも甘ちゃんで、常にレヴィや仲間に守られる側の人間。

そんなロックの中に、自分の中には無い何かを見出し、憧れに誓いような感情を抱いたレヴィ。

レヴィもレヴィで壮絶に痛々しい過去を持っていたりもするんだけど、そういった点も踏まえてブラックラグーンは非常に奥が深い作品であるといえるだろう!

バトワンはブラックラグーンを見ている時、ロックに対して共感したりムカついたりといった感想を交互に抱くような感じだった。

ある意味では、ロックに感情を動かされたと言っても過言ではないと思う!

優柔不断だったり、場面によって意見をコロコロ変えるところがあるロックだけど、それもまた日本人らしさを象徴している名キャラクターであるといえるのかもしれない!

【スポンサーリンク】