【ブラックラグーン】張さん(張維新・チャンワイサン)の強みと人物像を考察していく!

三合会タイ支部のボス、張維新(チャンワイサン)。

通称“張さん”なんだけど、彼もまたブラックラグーンの中ではかなりの強者として有名な人物だよね!

今回はそんな張さんについて考察していきたいところだ!

【スポンサーリンク】

張さん(張維新・チャンワイサン)の強みと人物像を考察していく!

張さんに関しては、以下のカットが非常に印象に残っているんだよね。

彼はほぼ無双状態しか見たことないレヴィをもってして「かなわない」と言わせるほどの二丁拳銃の使い手なんだ。

腰を深く落として狙いを定めて銃撃するスタイルが男らしい!

張さん
ブラックラグーン及びyoutubeよりキャプチャ引用 張さんの外見はこんな感じ 

上記カットはヘンゼル&グレーテルと交戦したもの。

ヘンゼル&グレーテルも幼いながら相当の使い手であり、弾丸飛び交う中でこんだけ腰を落として狙えるのは凄いよね!

よくよく考えればこういったピストルのような武器は、1丁あれば腕次第で戦局をひっくり返せる強さを持っているのがある種の利点。

普通のキャラがマシンガンを持ってるよりも、張さんとかレヴィのような使い手がピストルを持っていたほうが充分に破壊力が高いような気がしてならない!

現時点のブラックラグーンの中では、張さんorバラライカ、あるいは暴走ロベルタが最強かな?

【スポンサーリンク】

張さんの過去とロアナプラの均衡!

上記を考察するすことで、張さんが戦闘面に関して相当強力であることがわかった。

では、彼という人物像はどんな感じなんだろう?

実は彼の率いる三合会に関しては、過去にバラライカ率いるホテル・モスクワと衝突したことが判明している。

この衝突の結果、ロアナプラの波止場で銃撃戦による一騎打ちを行い痛み分け。

このことから、バラライカの実力もまた張さんに匹敵することが確定していると思って良さそうだ!

ちなみにこの一騎打ち以降、三合会とホテル・モスクワのバランスをうまく取りながら立ち回り、その成果もあって両組織は良好な関係を保っている。

逆をいうと、張さんがいなかったら“いつ戦争が起きてもおかしくない”くらいの緊迫した局面が今も続いていた可能性もあった。

ってことは、張さんは戦闘面以外にも“調和を保つ能力”なども優れているってことになってきそうだね!

バラライカはあの調子で結構キレたら手に負えないところがありそうだし、そもそも張さんが仮にいなくなったとしたら、ロアナプラ全体のバランスを保てる“要”となる人間がいなくなることになる。

そういった意味では、今のロアナプラは張さんによって支えられていると断言しても過言では無さそうだ!

【スポンサーリンク】